企業動向

日米合同原子力防災訓練について

横須賀市は,米海軍や関係府省,神奈川県,神奈川県警察とともに,平成19年(2007年)11月に第1回目の日米合同原子力防災訓練を実施して以降,毎年度訓練を実施し,万が一の事態に備えています。

今回で第11回目の実施となる今年度の訓練概要について,次のとおりお知らせします。

1.訓練想定・訓練内容
横須賀港に停泊中の原子力空母ロナルド・レーガンからごく微量の放射能を含む冷却水の漏れが発生し,米海軍から日本国政府及び横須賀市に通報があったという想定の下,次の訓練を実施します。
(1)情報伝達・共有訓練
(2)広報訓練
(3)基地内従業員への連絡・通報訓練
(4)日米合同モニタリング訓練

2.参加予定機関
(日本側参加機関)
外務省,内閣府,原子力規制庁,防衛省,海上保安庁,海上自衛隊,神奈川県,神奈川県警察,横須賀市

(米側参加機関)
米海軍,米国大使館

3.実施日
12月15日(金曜日)

4.その他
訓練の実施時刻や取材方法については,別途,12月上旬にお知らせいたします。


▼お問い合わせ
市民安全部危機管理課
横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 危機管理課」で届きます>
電話番号:046-822-8226
ファクス:046-827-3151


▽横須賀市について
横須賀市(市長:上地 克明)は,神奈川県・三浦半島の中央に位置し,東は東京湾,西は相模湾に面しています。東京湾の入り口にあたり,幕末にペリーが来航した「開国のまち」としても知られています。都心からほど近く(電車で横浜から約25分,品川から約50分),海と緑の豊かな自然環境をいかしたさまざまな取り組みを行っています。また,よこすか海軍カレー,ヨコスカネイビーバーガー,日本遺産などの観光やウィンドサーフィンワールドカップ開催といった,マリンレジャーなどにも力を入れています。人口400,909人(2017年10月現在)。
横須賀市の詳細については,http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/index.htmlをご覧ください。

【付帯情報】
・平成27年度日米合同モニタリングの様子
http://itm.news2u.net/items/output/156713/1


News2uリリース詳細へ

平成27年度日米合同モニタリングの様子

平成27年度日米合同モニタリングの様子

関連リンク:http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2005/nagekomi/20171011-01.html