企業動向

子どもたちのクリエイティビティを考えるカンファレンス「+Creative」(プラスクリエイティブ)を福岡市科学館で開催

第1回目は「新しいシゴトの作り方とクリエイティビティ」をテーマに福岡のスタートアップ経営者たちが語る

株式会社しくみデザイン(福岡市博多区,代表 中村俊介(芸術工学博士))は,2017年7月に設立した「クリエイティブ教育ラボ」の活動の一環として,子どもたちのクリエイティビティを考えるカンファレンスシリーズ「+Creative」(プラスクリエイティブ)を立ち上げます。第1回は「新しいシゴトの作り方とクリエイティビティ ~人工知能,コラボレーション,そしてプログラミング教育~」と題し,2017年11月9日(木)に福岡市科学館4階 サイエンスホールにて開催します。

===========================================================
+Creative #1 「新しいシゴトの作り方とクリエイティビティ」
~人工知能,コラボレーション,そしてプログラミング教育~
===========================================================

AIの出現やコラボレーション中心の働き方に移行するなか,仕事そのものが変化し,そして働き方の多様性も求められる現代。+Creativeの記念すべき第1回は「新しいシゴトの作り方とクリエイティビティ」と題し,新しい仕事を作る必要のある子どもたちが身につけておくべきクリエイティビティについて,第一線で活躍するスタートアップ経営者たちと考えます。

日程:11/9(木)18:30~20:30
会場:福岡市科学館 6F サイエンスホール(福岡市中央区六本松)
参加費:1,000円
ゲスト:佐々木 久美子(株式会社グルーヴノーツ 代表取締役会長)
    橋本 正徳(株式会社ヌーラボ CEO)
モデレーター:中村 俊介(株式会社しくみデザイン代表取締役)
後援:福岡市,公益財団法人 九州経済調査協会(申請中)

詳細や参加申込みは下記のサイトをご覧ください。
http://www.shikumi.co.jp/pluscreative1/


■株式会社しくみデザインについて
「みんなを笑顔にするしくみをデザインする」という企業理念の下,2005 年に,現代表中村俊介が設立。ユーザー参加型コンテンツのパイオニアとして,900 件以上の実績数を誇る。米インテル社主催の世界的コンテストでのグランプリなど,国内外での受賞多数。2017年7月に世界中の子どもたちがクリエイティブになる方法と環境を研究・実践する「クリエイティブ教育ラボ(EduCreative Lab)」を立ち上げるなど,子供向けのクリエイティブ教育にも力を入れている。

コーポレートサイト
http://www.shikumi.co.jp/

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社しくみデザイン
info@shikumi.co.jp
092-474-0153

【付帯情報】
・メインビジュアル
http://itm.news2u.net/items/output/156771/1
・チラシ
http://itm.news2u.net/items/output/156771/2
・プレスリリース
http://itm.news2u.net/items/output/156771/3


News2uリリース詳細へ

メインビジュアル

メインビジュアル

関連リンク:http://www.shikumi.co.jp/pluscreative1/