企業動向

【報道資料】「しっかりファーム」と「NEC GAP認証支援サービス」の連携について

2017年11月20日

株式会社冨貴堂ユーザック
NECソリューションイノベータ株式会社

 株式会社冨貴堂ユーザック(本社:北海道旭川市,代表取締役社長:本田 和行,以下「冨貴堂ユーザック」)とNECソリューションイノベータ株式会社(本社:東京都江東区,代表取締役 執行役員社長:杉山 清,以下「NECソリューションイノベータ」)は,冨貴堂ユーザックが提供するIT農業支援ツール「しっかりファーム」とNECソリューションイノベータが提供する「NEC GAP認証支援サービス」を連携し,農業生産工程管理(Good Agricultural Practice,以下「GAP」)に取り組む農場をサポートするサービスを,2018年3月に提供を開始します。

■作業体系に合わせて農場ごとにカスタマイズ可能な「しっかりファーム」
 「しっかりファーム」は,日々の農作業を生産現場でリアルタイムに記録し一元管理できる,クラウド型営農管理システムです。作業日誌や作業スケジュール管理,農業機械管理,圃場管理,農薬/施肥管理など,日々の営農管理として必要な機能を有しています。また,GAPに関する機能として,JGAP青果物2010や穀物2012に対応しています。

■複数のGAPへの取り組みを支援する「NEC GAP認証支援サービス」
 「NEC GAP認証支援サービス」は,GAPに取り組む生産者や生産者団体を支援するクラウドサービスです。本サービスは,農業生産活動に関連するさまざまな情報を「実践・記録情報」としてGAPの「点検項目」に関連付けて整理し,実施状況を可視化することで,生産者の負担を軽減し,農業生産活動とGAP認証の取得に向けた改善活動の両立を支援するものです。

■「しっかりファーム」と「NEC GAP認証支援サービス」の連携
 冨貴堂ユーザックとNECソリューションイノベータは,「しっかりファーム」に記録した営農情報を「NEC GAP認証支援サービス」の「実践・記録情報」として活用できるように連携し,「しっかりファーム」の新たなサービスとして提供します。
 これにより,「しっかりファーム」を利用してGAPに取り組んでいた生産者や生産者団体は,「NEC GAP認証支援サービス」がサポートするASIAGAP(注1)や,GLOBALG.A.P.(注2)等の,国際水準のGAPへ取り組むことが可能になります。

 なお,冨貴堂ユーザックとNECソリューションイノベータは,11月22日(水)および23日(木)にアクセスサッポロ(北海道札幌市)にて開催される「北海道アグリ・フードプロジェクト」および,11月28日(火)に道北地域旭川地場産業振興センター(道の駅あさひかわ)にて開催される「地域で頑張る農業者と先進農業技術を結ぶセミナー」において,それぞれのブースにて「しっかりファーム」および「NEC GAP認証支援サービス」を展示する予定です。

以上

(注1)ASIAGAP(旧JGAP Advance)は,日本GAP協会が国際水準のアジア共通GAP基盤として作成したものです。
(注2)GLOBALG.A.P.(グローバルGAP)は,欧州発祥で世界120か国以上に普及しているGAPの国際標準です。

※記載されている会社名および製品名は,各社の商標または登録商標です。

■「しっかりファーム」に関する情報
http://shikkarifarm.jp/

■「NEC GAP認証支援サービス」に関する情報
http://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/gap/

■本件に関するお客様からのお問い合わせ先
冨貴堂ユーザック
システム開発課 辻川
電話:0166-68-2626
E-mail:tsujikawa@f-usac.co.jp

NECソリューションイノベータ
スマートアグリ事業推進本部 スマートアグリサポートセンター
電話:03-5534-2687
E-mail:gap@nes.jp.nec.com

【付帯情報】
・連携イメージ
http://itm.news2u.net/items/output/157325/1


News2uリリース詳細へ

連携イメージ

連携イメージ

関連リンク:http://www.nec-solutioninnovators.co.jp/press/20171120/index.html