企業動向

日立がSAP社のアウトソーシングパートナー認定を取得[日立]

― SAP HANA(R)の高品質なクラウドサービスの提供をグローバルに推進 ―

株式会社日立製作所(以下,日立)は,このたび,2018年3月に,SAP SE(以下,SAP社)のアウトソーシングパートナーの認定を取得しました。従来から認定を取得していた日立のグループ会社であるoXya(*1)も含め,グローバルでの認定取得となりました。これにより,データセンター設備およびインフラリソースからSAPベーシス運用まで日立がフルマネージドで提供するSAP HANA(R)(*2)のクラウドサービスのさらなる品質向上および安定したサービスの提供をグローバルで推進します。

日立が取得したSAP社のアウトソーシングパートナー認定は,SAPのソリューションや環境に関するアウトソーシング運用サービスを提供するプロバイダーに与えられるものです。今回,「Hosting services」「SAP HANA operations」「Cloud operations」の3つのカテゴリで認定を取得しました。

・Hosting services:SAPアプリケーションの運用管理,お客さま環境に応じたホスティングサービスの認定
・SAP HANA operations:SAP HANA基盤における高品質な運用基準による運用サービスの認定
・Cloud operations: ITインフラとSAP製品をオンデマンドで提供するクラウドサービスの認定


(*1)oXya:SAPシステムを専門に取り扱い ,欧州を中心に全世界370社以上(2018年4月現在)に向け,SAPマネージド(保守,運用)サービスやクラウドサービスを提供する日立グループのITサービス会社です。
(*2)SAP HANA:SAP SE社の高速インメモリプラットフォーム(メモリ上で高速なデータ処理を実現するソフトウェア)。

▼詳細はこちら
http://www.hitachi.co.jp/products/it/unified/sap_hana_cloud/2018/0425/

▽日立が提供するSAP HANAのクラウドサービスはこちら
http://www.hitachi.co.jp/products/it/unified/sap_hana_cloud/



◆商標に関する表記
・SAP,SAP HANAおよび本文書に記載されたその他の SAP製品,サービスならびにそれぞれのロゴは,ドイツおよびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。
・記載の会社名,製品名は,それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。



記載の情報は,公開日現在の情報です。
予告なしに変更され,閲覧日と情報が異なる可能性もありますので,あらかじめご了承ください。

News2uリリース詳細へ