企業動向

オラクル,自律型クラウド・プラットフォーム・サービスの3サービスの提供開始

アプリケーション開発,統合,アナリティクス・サービスにAIと機械学習を組み込み,自律機能の範囲を拡大

(本資料は米国2018年5月7日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)

オラクルは米国時間2018年5月7日,クラウド・プラットフォーム(https://cloud.oracle.com/ja_JP/paas)全体の自律機能拡大の一部として,「Oracle Autonomous Analytics Cloud」,「Oracle Autonomous Integration Cloud」,「Oracle Autonomous Visual Builder Cloud」の提供開始を発表しました。これらの新しいPaaSサービスは,高度な人工知能(AI)と機械学習アルゴリズムにより主要なタスクを自動化または削減し,お客様のコスト削減,リスク軽減,イノベーション促進,予測インサイトの獲得を支援します。

オラクルは2018年前半にデータウェアハウス・ワークロード向けの世界初の自律型データベースを提供開始しました。オラクルは,全てのPaaSサービスへの自動稼働(Self-Driving),自動保護(Self-Securing),自動修復(Self-Repairing)機能の追加,さらに各機能分野での専用自律機能の追加に注力しています。本日の発表に加え,モバイルとチャットボット,データ統合,ブロックチェーン,セキュリティ,管理に重点を置いた自律型サービスと,OLTPを含む追加のデータベース・ワークロードを2018年中にリリース予定です。

オラクル・クラウド・プラットフォームの開発担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるアミット・ザベリー(Amit Zavery)は,次のように述べています。「これらのクラウド・サービスにAIと機械学習を組み込むことで,組織はまったく新しい方法でイノベーションを追求できるようになります。オラクルが業界で先行して提供している自律機能は,お客様の運用コストの削減,生産性の向上,およびリスクの軽減に大幅に寄与します。これらの新しいクラウド・サービスは,自律機能を組み込んだ最新のクラウド・プラットフォーム・サービス群です。」

組織がイノベーションに注力していくなかで,新しいアプリケーションを構築して要求の厳しいワークロードに対応できる,包括的かつ統合的な一連のクラウド・サービスが求められています。オラクルのクラウド・サービスは,稼働中にチューニング,パッチ適用,バックアップ,アップグレードなどの主要オペレーション機能を自動的に行い,最大のパフォーマンス,高可用性,必要なセキュリティ機能を提供する唯一のサービスです。

「Oracle Autonomous Integration Cloud」の採用で迅速化を図るBrake Parts
乗用車,バン,SUV,軽トラック,高耐久性車両向けの世界のトップ・ブレーキ・ブランドであるグローバル企業,Brake Partsはインテリジェント・セールス・オペレーションの構築のために,オラクルをパートナーとして選定しました。Brake Partsは,エンドツーエンドの顧客変更,RFQ,新製品発表プロセスを自動化することで手作業を排除し,顧客への対応を向上させることに成功しました。

Brake Partsでセールス・オペレーションを担当するリサ・オリバー(Lisa Oliver)氏は,次のように述べています。「『Oracle Autonomous Integration Cloud』と『Oracle Sales Cloud』を併用することで,アプリケーションを最新にし,すべての部署で顧客対応のアクティビティを自動化し,セールス・オペレーションを変革することができました。オラクルの自律型PaaSサービスの利用により,これまで手作業で行っていた多くのプロセスをデジタル化し,コスト削減,ビジネス・インサイトの向上,そしてより優れたイノベーションを実現することができます。」

・新しいオラクル自律的型クラウド・プラットフォーム・サービス
新たに利用できるようになったサービスは,「Oracle Autonomous Analytics Cloud」,「Oracle Autonomous Integration Cloud」,「Oracle Autonomous Visual Builder Cloud」の3つのサービスです。これらのサービスは,先進のアプリケーション作成,展開だけでなく,組織の重要データの統合,分析においてもお客様を支援します。

「Oracle Autonomous Analytics Cloud」
「Oracle Autonomous Analytics Cloud」は,機械学習,アダプティブ・インテリジェンス,サービス自動化を組み合わせ,人,場所,データ,システムの間の障壁を打ち破るアナリティクス・プラットフォームを構築し,人々が情報を分析して理解し,それに対応する全く新しい手段をもたらします。

・ビジネス・ユーザーがより多くのインサイトを迅速に発見できるようにします。ユーザーが自分のモバイル・デバイスに質問すると,その質問はバックエンドの自然言語処理によってクエリーに変換され,豊富な情報がデバイスに視覚的に表示されます。これは,機械学習によってインテリジェンスを獲得し,ユーザーが求めてもいなかったデータに関するインサイトをプロアクティブに提案します。
・機械学習を利用した予測インサイトと自然言語での自動説明により,隠れたパターンとパフォーマンス向上要因を明らかにします。
・大量のセンサー・データと障害の履歴パターンにドメイン固有の機械学習アルゴリズムを適用し,IoTデータに関する予測アナリティクスを提供します。

「Oracle Autonomous Integration Cloud」
「Oracle Autonomous Integration Cloud」は,機械学習,組み込み型のベストプラクティス・ガイダンス,事前に構築されたアプリケーション統合およびプロセス自動化を組み合わせ,オラクルとオラクル以外の複数のSaaSおよびオンプレミス・アプリケーションにまたがるビジネス・プロセスを実現することで,デジタル・トランスフォーメーションを加速します。
・実行される全ての統合の多数ソースデータと機械学習を利用して,2つの異なるアプリケーション間でオブジェクトの属性をマッピングする複雑なプロセスで統合のスピード向上,これらのオブジェクトの接続方法について視覚的なレコメンデーションを提供します。
・AI/機械学習フレームワークを組み込むためのAPIを提供することでインテリジェントかつダイナミックな適応型ケース管理を提供し,自動化されたプロセス・フローの次の最適アクションを提案します。
・大規模ワークロードをインテリジェントに管理するための自動稼働と自動チューニングの統合を提供することで,耐障害性とパフォーマンスを向上します。
・AI/機械学習によってロボット・プロセス自動化(RPA)を実現し,APIに対応していないシステムでケース管理の最終段階の自動化またはプロセス自動化を行います。

「Oracle Autonomous Visual Builder Cloud」
「Oracle Autonomous Visual Builder Cloud」は,ビジネス・ユーザーや開発者がコーディングなしでアプリケーションを作成できるようにすることで,モバイルおよびWebアプリケーションの開発および展開を迅速化します。
・シングルクリックでの展開に対応した最新の業界標準テクノロジーを利用してコード生成を自動化し,業務部門のユーザーでもアプリケーションを迅速に開発できるようにします。
・iOSやAndroidを含む複数プラットフォーム間でのモバイル・アプリケーションの配信を自動化します。
・容易に拡張でき,標準的なオープンソース・テクノロジー(Oracle JET,Swagger)をベースとしています。
「Oracle Cloud Platform」は全てのサービスにおいて,以下のような基本的な自律機能を備えています。
・自動稼働(Self-Driving)によるコスト削減および生産性向上:プロビジョニング,保護,モニタリング,バックアップ,復旧,トラブルシューティングのための労力が不要になります。稼働中に自動的にアップグレードとパッチ適用を行い,ダウンタイムを発生させることなくコンピューティングとストレージを自在に拡張/縮小して瞬時にサイズを変更します。
・自動保護(Self-Securing)によるリスク軽減:外部からの攻撃や,悪意のある内部ユーザーから保護します。サイバー攻撃から保護するために稼働中にセキュリティアップデートが自動的に適用され,すべてのデータが自動的に暗号化されます。
・自動修復(Self-Repairing)による可用性向上:計画的/非計画的ダウンタイムから自動的に保護し,最大99.995%の可用性を実現することで,計画されたメンテナンスを含む1か月あたりのダウンタイムが2分半未満となります。

オラクルについて
Oracle Cloudは,ERP,HCM,Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え,業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS),Infrastructure as a Service (IaaS) を米州,欧州,アジア全体にわたるデータセンターから提供しています。 オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については,www.oracle.com をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石山
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

* OracleとJavaは,Oracle Corporation 及びその子会社,関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名,商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり,いかなる契約にも組み込むことはできません。



News2uリリース詳細へ