企業動向

ディープラーニングによる開発・学習環境をクラウドで提供する,ディープラーニング開発学習環境利用サービスを販売開始[日立]

株式会社日立製作所(以下,日立)は,このたび,ディープラーニングを利用した予測・判断モデルの研究やこれらを活用したサービスの開発・評価環境向けに,クラウドでのベアメタルサーバー利用型のディープラーニング開発学習環境利用サービスを,2018年7月18日より販売開始します。

今回提供するサービスの基盤には,ディープラーニング解析の中核となるGPU(*1)サーバーとして日立のSR24000モデルDL1を採用しています。これにより,お客さまは,多様なニーズに応じ,高性能・高信頼なサーバーをクラウドサービスとして迅速,かつ容易に利用できるようになります。また,ディープラーニングの研究・開発にかかるITシステムの初期投資の抑制が可能なため,ディープラーニングを活用したサービス開発をタイムリーに開始できるようになります。

▼詳細はこちら
http://www.hitachi.co.jp/products/it/bigdata/whatsnew/deeplearning_201807.html

(*1):Graphics Processing Unit(グラフィックス処理ユニット)。超並列計算により高速演算が可能なプロセッサ。


◆商標に関する表記
・記載の会社名,製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。



記載の情報は,公開日現在の情報です。
予告なしに変更され,閲覧日と情報が異なる可能性もありますので,あらかじめご了承ください。

【付帯情報】
・ディープラーニングによる開発・学習環境をクラウドで提供する,ディープラーニング開発学習環境利用サービスを販売開始[日立]
http://itm.news2u.net/items/output/161472/1


News2uリリース詳細へ

ディープラーニングによる開発・学習環境をクラウドで提供する,ディープラーニング開発学習環境利用サービスを販売開始[日立]

ディープラーニングによる開発・学習環境をクラウドで提供する,ディープラーニング開発学習環境利用サービスを販売開始[日立]