企業動向

ティーモスインテリジェンス,HPCクラウド提供基盤にOracle Cloudを採用

CAEや深層学習などの高負荷アプリケーションに対応したHPC環境をクラウドで実現

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山,執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日,ティーモスインテリジェンス株式会社(本社:東京都千代田区岩本町,代表取締役:堺 幸之助)が同社のハイパフォーマンス・クラウド・コンピューティング(HPC)「iHAB CLUSTER」のクラウド基盤として,「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したと発表しました。

ティーモスインテリジェンスは,オンプレミスかクラウドかではなく,その存在を意識せずに使えるクラウド・コンピューティングの将来像を示すコンセプトとして「iHAB」を提唱しています。「iHAB」では,「iHAB CLUSTER」,「iHAB Storage」,「iHAB DC」3つのサービスを展開しており,「iHAB CLUSTER」においては,CAE(Computer Aided Engineering)や深層学習(ディープ・ラーニング)に必要なコンピュート・リソースを提供しています。

ティーモスインテリジェンスでは,「iHAB CLUSTER」を利用するお客様において,利用リソースの一時的な増加に対応し,かつCAEやAIなどの高性能コンピューティングでも安定したパフォーマンスを提供可能なパブリック・クラウド環境を求めていました。ティーモスインテリジェンスでは,これらのニーズを満たすパブリック・クラウドを選定するため,実際に業務で使用するCAEアプリケーションを用いて検証を行い,その結果,パフォーマンスに優れた「Oracle Cloud Infrastructure」を選定しました。
選定のポイントは以下のとおりです。

・優れたパフォーマンス:ベアメタル・インスタンスにより,仮想マシンよりも高い性能が得られ,NVM Expressを使用した高いIOPS性能のローカルおよびブロック・ストレージにより,HPCワークロードを高いパフォーマンスで実行可能。また,最新のNVIDIA Tesla V100 GPUにより,AIおよび深層学習においても高い性能を発揮

・高速かつ安定したネットワーク: 低遅延,広帯域(25Gbps x 2)のノンブロッキング・ネットワークにより,高いパフォーマンスで,かつ安定した性能をノード間およびストレージとの通信で実現

・高いコスト・パフォーマンス:ベアメタル・インスタンスは,同等の仮想マシンと比較して高いパフォーマンスを発揮,また低遅延・広帯域のネットワークは追加料金無く使用可能なため,より高い性能をより低コストで実現可能。また,ネットワーク・ダウンロードも10TBまで無償のため,データの移動が多く発生する場合でも,より低いコストで提供可能

今後,ティーモスインテリジェンスでは,「Oracle Cloud Infrastructure」をiHAB基盤の新しいラインナップに加え,必要な時に「Oracle Cloud Infrastructure」のリソースをオンデマンドで提供します。

ティーモスインテリジェンス株式会社 Sales & Marketing マネジャー 佐生 直大 氏のコメント:
当社が提供しているハイパフォーマンスクラウドコンピューティング「iHAB CLUSTER」 は,主に製造業の解析業務に携わる方々に向けて最新の計算リソースをオンデマンドにて提供するサービスです。「iHAB CLUSTER」は,都内データセンタに用意した最新CPU搭載の高性能クラスタ『C540』とともに,お客様の自社環境や要望に合わせて専用にセットアップされた環境を提供し,お客様にはあたかも自社リソースと同様にご利用いただけるコンピューティング環境を提供しております。「iHAB CLUSTER」はその更なるリソース拡張のため,迅速な最新テクノロジーの採用とそのコスパフォーマンスから「Oracle Cloud Infrastructure」を「iHAB CLUSTER」のサービスプラットフォームのラインナップに採用いたしました。「Oracle Cloud Infrastructure」は今後もHPCに向けた高性能環境の整備が予定されており,このような「Oracle Cloud Infrastructure」の更なる先進性への展開は「iHAB CLUSTER」のサービス提供拡充につながるものとより大きな期待を寄せております。

参考リンク
・ティーモスインテリジェンス株式会社:iHAB CLUSTER
http://www.ihab.co.jp/services/ihab_cluster.html
・Oracle Cloud Infrastructure
https://cloud.oracle.com/ja_JP/iaas

日本オラクルについて
オラクル・コーポレーションの日本法人。「beyond your cloud >commit;」をスローガンに掲げ,広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど,データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービスの提供と,それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL http://www.oracle.com/jp

日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
・Facebook http://www.facebook.com/OracleJP
・Twitter https://twitter.com/Oracle_Japan

オラクルについて
Oracle Cloudは,ERP,HCM,Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え,業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS),Infrastructure as a Service (IaaS) を米州,欧州,アジア地域にわたるデータセンターから提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については,www.oracle.com をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石山
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

* OracleとJavaは,Oracle Corporation 及びその子会社,関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名,商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり,いかなる契約にも組み込むことはできません。


【付帯情報】
・サービス構成イメージ
http://itm.news2u.net/items/output/161656/1


News2uリリース詳細へ

サービス構成イメージ

サービス構成イメージ