企業動向

独自のデータモデルを用いて生産現場のデータ連携を容易にし,生産工程全体の最適化を支援する「IoTコンパス」を販売開始[日立]

~トヨタ自動車株式会社において全体最適視点でのさらなる高効率生産モデル構築に向けた共同実証に適用~

株式会社日立製作所(以下,日立)は,このたび,生産設備の稼働状況や環境情報などのOT(*1)データおよび生産計画や在庫管理などのITデータをデジタル空間上で紐付けることで,継続的かつタイムリーなAI分析やシミュレーションを容易にし,生産工程全体の最適化を支援するソリューション「IoTコンパス」を11月19日から販売開始します。

本ソリューションは,鋳造やプレス加工,溶接,塗装,組み立てなどさまざまな生産工程における業務と,各業務で発生し点在するOT/ITデータを,データ間の「つながり」で定義・連結する独自のデータモデルによりEnd To Endで紐付け,必要なデータの抽出や分析を容易にします。これにより,従来は専門的な知識や膨大な時間を要していた複数工程のOT/ITデータの利活用を促進し,外部環境にあわせ組み替えが頻繁に行われる複雑な生産ラインにおいても,データ分析から得られる予測を常に更新しながら,生産計画の最適化や安定稼働など現場改善へ適用することが可能になります。
なお,本ソリューションは,トヨタ自動車株式会社との高効率生産モデル構築に向けた協創の一環として,自動車製造を担うモデル工場での共同実証に先行適用しています。現在,さまざまな現場のOT/ITデータを活用し,全体最適に向けた高速PDCAによる改善に取り組んでいます。

(*1) OT:Operational Technology(制御・運用技術)

▼詳細はこちら
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/10/1017.html

▼生産現場デジタルツイン化ソリューション「IoTコンパス」Webサイト
http://www.hitachi.co.jp/products/it/IoTM2M/list/iotcompas/


◆商標に関する表記
・記載の会社名,製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。


記載の情報は,公開日現在の情報です。
予告なしに変更され,閲覧日と情報が異なる可能性もありますので,あらかじめご了承ください。

【付帯情報】
・独自のデータモデルを用いて生産現場のデータ連携を容易にし,生産工程全体の最適化を支援する「IoTコンパス」を販売開始[日立]
http://itm.news2u.net/items/output/162989/1
・生産現場デジタルツイン化ソリューション「IoTコンパス」Webサイト
http://itm.news2u.net/items/output/162989/2


News2uリリース詳細へ

独自のデータモデルを用いて生産現場のデータ連携を容易にし,生産工程全体の最適化を支援する「IoTコンパス」を販売開始[日立]

独自のデータモデルを用いて生産現場のデータ連携を容易にし,生産工程全体の最適化を支援する「IoTコンパス」を販売開始[日立]

生産現場デジタルツイン化ソリューション「IoTコンパス」Webサイト

生産現場デジタルツイン化ソリューション「IoTコンパス」Webサイト