企業動向

日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」の4モデルで最新のプロセッサーとメモリーをサポートし販売開始[日立]

―最新の第2世代インテル(R) Xeon(R) スケーラブル・プロセッサーおよびインテル(R) Optane(TM) DCパーシステント・メモリーの搭載により,さまざまな業務システムでの性能要求に対応―

株式会社日立製作所は,このたび,PCサーバである日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」の4モデル(*1)において,最新の第2世代インテル(R) Xeon(R) スケーラブル・プロセッサー,およびインテル(R) Optane(TM) DCパーシステント・メモリー(以下,DCPMM)(*2)を新たにサポートし,5月31日から販売開始します。


今回のサポートにおいては,第2世代インテル(R) Xeon(R) スケーラブル・プロセッサーの搭載により高性能を重視したシステムから高コストパフォーマンスを重視するシステムまで,幅広く対応する処理性能を実現しました。また,DCPMMの搭載により大容量かつ低レイテンシ(*3)なシステムが実現可能となりました。

これらの特長により,ニーズに応じた処理性能とコストパフォーマンスの向上が可能となり,AIやリアルタイム分析など,さまざまな業務システムでの性能要求に対応します。

(*1)対象はHA8000V/DL580 Gen10,HA8000V/DL380 Gen10,HA8000V/DL360 Gen10,およびHA8000V/ML350 Gen10 の4モデル
(*2)パーシステント・メモリー:記憶データに永続性のあるメモリー
(*3)レイテンシ:データ転送要求を出してから実際にデータが送られてくるまでに生じる通信の遅延時間


▼続きはこちら
https://www.hitachi.co.jp/ha8000v/news/20190515.pdf

▽日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」Webサイト
https://www.hitachi.co.jp/ha8000v/



◆商標に関する表記
・インテル,Xeon,およびIntel Optaneは,アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
・その他,記載の会社名,製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。



記載の情報は,公開日現在の情報です。
予告なしに変更され,閲覧日と情報が異なる可能性もありますので,あらかじめご了承ください。

【付帯情報】
・日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」の4モデルで最新のプロセッサーとメモリーをサポートし販売開始[日立]
http://itm.news2u.net/items/output/165740/1
・日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」Webサイト
http://itm.news2u.net/items/output/165740/2


News2uリリース詳細へ

日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」の4モデルで最新のプロセッサーとメモリーをサポートし販売開始[日立]

日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」の4モデルで最新のプロセッサーとメモリーをサポートし販売開始[日立]

日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」Webサイト

日立アドバンストサーバ「HA8000Vシリーズ」Webサイト