企業動向

日本オラクル,Oracle Cloudの東京リージョン開設に伴いクラウド・エキスパートの育成を加速

「Oracle Cloud Infrastructure」上でのお客様のソリューション展開への深い知識を実証する認定資格「Oracle Cloud Infrastructure 2018 Architect Associate」の取得者数が,日本語試験開始から3カ月で300名を突破

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山,執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日,「Oracle Cloud Infrastructure 2018 Architect Associate」の国内における取得者数が,日本語試験開始から約3カ月で300名を突破したことを発表します。「Oracle Cloud Infrastructure 2018 Architect Associate」,「ORACLE MASTER Cloud Oracle Database Cloud Service」,「ORACLE MASTER Cloud Oracle Java Cloud Service」などを含む幅広いOracle Cloudに関する認定資格の取得者数は国内1,500名を超え,2019年5月の「Oracle Cloud」次世代データセンター東京リージョン開設に伴い,お客様の「Oracle Cloud」導入を支援するエキスパートが急速に増加しています。

「Oracle Cloud Infrastructure 2018 Architect Associate」は,「Oracle Cloud Infrastructure」サービスを使用してお客様のソリューションを設計・実装するエンジニアを対象とした認定資格で,「Oracle Cloud」東京リージョンの開設に先駆けて,2019年2月から日本語試験が開始しました。「Oracle Cloud Infrastructure 2018 Architect Associate」の取得者は,「Oracle Identity and Access Management」サービスを使用したアイデンティティとアクセス管理,ネットワーク,コンピュート,ストレージ,データベースなど「Oracle Cloud Infrastructure」を含むソリューションの根幹を理解し,コンピュート・インスタンスやストレージ・ボリュームを構成するスキルとベスト・プラクティスに基づいたアーキテクチャ設計スキルを有していることが証明されます。

日本オラクルは,「Oracle Cloud」 の学習支援コンテンツとして,「Oracle Cloudラーニング・サブスクリプション」を提供し,エンジニアの資格取得を支援しています。これにより,受験者は試験の出題トピックを効率的に学習し,試験合格に必要となるクラウド活用のための知識とスキルを短期間に習得することが可能となります。
詳細は次のURLをご参照ください:http://education.oracle.com/ja

日本オラクルについて
オラクル・コーポレーションの日本法人。「beyond your cloud >commit;」をスローガンに掲げ,広範かつ最大限に統合されたクラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど,データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービスの提供と,それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL http://www.oracle.com/jp

日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
・Facebook http://www.facebook.com/OracleJP
・Twitter https://twitter.com/Oracle_Japan

オラクルについて
Oracle Cloudは,セールス,サービス,マーケティング,人事,経理・財務,製造などを網羅する広範なアプリケーション群,「Oracle Autonomous Database」に代表される,高度に自動化され,高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については,http://www.oracle.com をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石山
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

* OracleとJavaは,Oracle Corporation 及びその子会社,関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名,商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり,いかなる契約にも組み込むことはできません。


News2uリリース詳細へ