企業動向

国内初,プライベート・クラウド版「Arm(R) Pelion(TM) Device Management」の実証実験を開始 ~安心・安全なIoT機器のライフサイクル管理を可能に~

2019年8月7日
日本電気株式会社

NECは,急速に広がるIoT機器に対する,死活監視などの「モニタリング」,ファームウェアの「アップデート」等の「IoTデバイスの運用管理」をリモートから実施できる「Arm(R) Pelion(TM) Device Management」(注1)を,NEC Cloud IaaS(注2)上に展開し,高いセキュリティ要件を求めるユーザーを対象に実証実験を開始します。これは,プライベート・クラウド版Arm(R) Pelion(TM) Device Managementの国内初の実装例です。

IoT機器が急激に普及する一方で,これらのIoT機器を標的にしたサイバー攻撃が急増し,乗っ取り,不正アクセスや情報流出などのリスクは高まっています。このため,交通機関や電気・ガス・水道などの社会インフラで使われるIoT機器は,セキュリティ上パブリック・クラウド型の「IoTデバイスの運用管理サービス」の活用が困難です。今回の実証では,IoTデバイスをNEC Cloud IaaSとVPN接続することで,プライベート・クラウドに対応し,ユーザーは自社のファイアーウォールの内側で,安心・安全なIoTデバイス運用管理を実現します。
なお,本実証は,2019年8月7日~2019年11月末日までを予定しています。

また,2019年8月より,「南紀白浜IoTおもてなしサービス実証」(注3)において,本実証のフィールド・トライアルを実施します。顔検出処理をエッジレベルで高速化する「NEC AI Accelerator」に,Arm(R) Pelion(TM) Device Managementのエージェントを実装し,NEC Cloud IaaS上から,リモートによるデバイスの運用管理の実証を予定しています。

NECは,生体認証や映像解析を含むAI,IoT関連の先端技術を活用して,安全・安心で効率・公平な都市の実現を支えるNECの事業領域として「NEC Safer Cities」を定めており,関連するソリューションやサービスの開発を加速・強化し,安全・安心で豊かな社会の実現に貢献していきます。

以上

(注1) Arm Pelion(TM) Device Management
 https://www.youtube.com/watch?v=VcW8dDksm6k
 https://www.arm.com/products/iot/pelion-iot-platform/device-management

(注2)NEC Cloud IaaS
 https://jpn.nec.com/cloud/service/platform_service/iaas.html

(注3) 南紀白浜 IoTおもてなしサービス実証
 2018年12月13日プレスリリース:
  https://jpn.nec.com/press/201812/20181213_02.html
 Wisdom:
  https://wisdom.nec.com/ja/collaboration/2019032601/index.html

<本件に関するお問い合わせ先>
 NEC デジタルプラットフォーム事業部
 E-mail:til-pr@dpf.jp.nec.com

NECは,社会ソリューション事業を推進するブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと,今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。

詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/message.html


【付帯情報】
・プライベート・クラウド版「Arm(R) Pelion(TM) Device Management」の実証実験構成図
http://itm.news2u.net/items/output/166615/1


News2uリリース詳細へ

プライベート・クラウド版「Arm(R) Pelion(TM) Device Management」の実証実験構成図

プライベート・クラウド版「Arm(R) Pelion(TM) Device Management」の実証実験構成図