企業動向

オラクル,新しいカスタマー・エクスペリエンス・イノベーションに対してデータ・ファーストのアプローチを採用

「Oracle CX Cloud」全体にわたる更新により,ブランドは顧客データの統合と交流のパーソナライズを行い,ビジネスに一層結び付けることが可能に

(本資料は米国2019年9月17日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)
Oracle OpenWorld, サンフランシスコ – 2019年9月18日


オラクルは本日,ブランドが確実に顧客との広範にわたる交流をデータドリブンできるように,「Oracle Customer Experience (CX) Cloud(https://www.oracle.com/applications/customer-experience/)」全体にわたる一連の新しいデータ・ファーストなアップデートを発表しました。最新のアップデートには,セールス,カスタマー・サービス,マーケティングの専門家向けの新しいデジタル・アシスタント,データが強化された新しいB2Bセールス機能,通信とメディア,金融サービス,パブリック・セクター向けの新しい業界ソリューションが含まれます。

オラクル,Oracle CX CloudおよびOracle Data Cloud担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるロブ・ターコフ(Rob Tarkoff)は,次のように述べています。「ブランドが全ての顧客との交流を図ることができる唯一の方法は,カスタマー・エクスペリエンスの管理に対してデータ・ファーストのアプローチを採用することであると考えています。『Oracle CX Cloud』に対する最新のアップデートは,データと機械学習を活用することでお客様が強力なデータ・インサイトのアドバンテージを取り,顧客ニーズの一歩先を行き,ポジティブで心に残るカスタマー・エクスペリエンスを確実なものにする上で役立ちます。」

「Oracle CX」は,マーケティング,セールス,サービス,コマース向けアプリケーションの統合セットです。「Oracle CX」に対する最新のアップデートには,オラクルのエンタープライズクラス・カスタマー・データ・マネジメント・プラットフォームである「Oracle CX Unity」の強化(https://www.oracle.com/jp/corporate/pressrelease/jp20190918-11.html)のほか,次の内容が含まれます。

新しいデジタル・アシスタント:「Oracle Digital Assistant(https://www.oracle.com/solutions/chatbots/)」を「Oracle CX Cloud」全体で利用できるようになりました。セールス,カスタマー・サービス,マーケティングの専門家は,音声コマンドを使って迅速かつ効率的に成果を上げ,それに対して行動できます。
• セールス・チーム向けのデジタル・アシスタント:「Oracle Digital Assistant」を利用することで,セールス・チームは,音声コマンドを使って構成済みの見積りを作成できます。
• カスタマー・サービス・チーム向けのデジタル・アシスタント:「Oracle Digital Assistant」を利用することで,サービス・チームは,ナレッジ・リポジトリに格納されている質問から回答を得ることができます。さらに,「Oracle Intelligent Advisor」を利用するサービス・チームは,「Oracle Digital Assistant」の会話型UIを利用して,インタラクティブ・アドバイスのモデリングと配備を行い,豊富なデータに接続されたセルフ・サービスをチャット・チャンネルで提供できます。
• マーケティング・チーム向けのデジタル・アシスタント:「Oracle Digital Assistant」を利用することで,マーケティング・チームは,プロモーション・キャンペーンを作成する際に「Oracle Responsys」を使ってヘルプとサポートを得ることができます。さらに,「Oracle Responsys」経由でプロモーションを受ける顧客が「Oracle Digital Assistant」と会話できるようにして,サービスとの引換やプロモーションに関する追加情報を収集することで,ブランドはカスタマー・エンゲージメントを向上させることができます。

データが強化された新しいB2Bセールス機能:「Oracle DataFox(https://www.oracle.com/applications/customer-experience/datafox/)」との新たな統合は,マーケティング・チームとセールス・チームの間のギャップを橋渡しする,AIソースの企業データとシグナルを提供します。この統合は,マーケティング・チームがターゲットの絞り込みを最適化し,セールス・チームがエンゲージメントを強化する上でも役立ち,顧客との関係を向上させ,より多くのビジネスにつなげることができます。
• B2Bキャンペーンのオーケストレーション:リードが確実にアカウントに繋がることで,「Oracle DataFox」との新たな統合は,アカウントベースの戦略を実行する際にマーケティング・チームとセールス・チームの間の連携を向上させます。
• アカウントの強化:「Oracle DataFox」からの強力なインサイトによってアカウント・レコードが強化され,顧客に対するより深い理解が提供されることで,セールス・チームは顧客ベースのプロファイリングと分類を改善し,データをキャンペーン区分と正確なテリトリー定義に活用できます。
• アカウントの優先順位付け:「Oracle DataFox」との統合は,セールス・チームがアカウントをランク付けして高価値見込み客と重要ターゲットに集中できるようにすることで,セールス・チームがGo To Market戦略の効率を向上させ,より迅速な収益化方法を実現できるようにします。
• スマート・トーキング・ポイント:「Oracle DataFox」によって提供されるターゲットアカウントの市場変化に関するリアルタイムアラートは,セールス・チームがよりパーソナライズされたコンテキスト・トーキング・ポイントによってメールと電話のコンバージョン・レートを向上させる上で役立ちます。

新しい業界ソリューションの機能:AIを利用した新しい業界別ソリューションは,通信およびメディア,金融サービス,パブリック・セクター業界のお客様が革新的なカスタマー・エクスペリエンスを提供し,予測可能かつ具体的なビジネス成果を実現できるようにします。
• 通信およびメディア:新しい「Enterprise Product Catalog」は,新しい製品とサービスを迅速に定義し,セールス,調達,発送,請求目録を発行できるようにすることで,柔軟性の向上と市場投入までの時間の短縮をお客様に提供します。
• 金融サービス:新しいAIレコメンデーションを利用することで,バンキング・アソシエートは,新規オファーの取り込みと顧客満足度を向上させることができます。マーケティング,セールス,サービスアプリケーションにまたがる単一の統合UX設計環境は,複雑なプロセスを合理化することで生産性を向上させます。
• パブリック・セクター:新しいチャットボット機能を利用することで,都市は,市民エクスペリエンスをパーソナライズし,市民,ケース・ワーカーによる訪問,支払いなどに分かれたインシデントレポートを簡略化できます。

日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
•Facebook http://www.facebook.com/OracleJP
•Twitter https://twitter.com/Oracle_Japan

オラクルについて
Oracle Cloudは,ERP,HCM,Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え,業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS),Infrastructure as a Service (IaaS) を米州,欧州,アジア地域にわたるデータセンターから提供しています。 オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については,www.oracle.com をご覧ください。

Oracle OpenWorldについて
「Oracle OpenWorld」は,20年間にわたって開催されている業界で最も重要なビジネスおよびテクノロジー・カンファレンスです。数万人もの来場と,オンライン上では数百万人もの参加者を集め,イノベーションと成長にクラウドを活用する企業への貢献に重点を置き,業界トレンドやテクノロジーが実現するブレークスルーに対する深いインサイトを提供します。
世界の250社以上のパートナー企業およびお客様が数百におよぶデモ,実践ラボ,展示を行う「Oracle OpenWorld」は,クラウド・アプリケーションからインフラストラクチャに至る先進のクラウド・テクノロジーの展示の場となっています。登録方法,基調講演の視聴方法,セッション詳細などの情報は,http://www.oracle.com/openworldまたはhttp://www.oracle.com/newsroomをご参照ください。


将来の製品に関する免責条項
上記の事項は,弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また,情報提供を唯一の目的とするものであり,いかなる契約にも組み込むことはできません。上記の事項は,マテリアルやコード,機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため,購買決定を行う際の判断材料にしないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発,リリース,時期および価格については,弊社の裁量により変更される可能性があります。

将来の見通しに関する記述
オラクルの将来の計画,期待,信念,意図に関する本記事内の記述は「将来に関する記述」であり,重大なリスクや不確実性が生じる可能性があります。こうした記述はオラクルの現在の期待と実際の結果に影響を及ぼす可能性があり,実際の結果が大きく異なる可能性があります。これらの記述およびオラクルのビジネスに影響を及ぼすその他のリスクに関しては,Form 10-K での オラクルの最新のレポートならびに Form 10-Q の「Risk Factors」など,米証券取引委員会 (SEC) に提出されているオラクルの報告書に記載されます。これらの報告書は,SECのウェブサイトまたはオラクルのウェブサイトhttp://www.oracle.com/investorからご覧いただくことができます。本記事内の情報はすべて,2019年9月17日時点で最新であり,オラクルは新しい情報や将来の出来事を踏まえて記述を更新する義務を負いません。

* OracleとJavaは,Oracle Corporation 及びその子会社,関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名,商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 谷地田
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/



News2uリリース詳細へ