企業動向

株式会社東京ドームとの資本業務提携のお知らせ

多言語コミュニケーションサービスを提供しているKotozna株式会社(所在地:東京都港区元赤坂,代表者:後藤 玄利 以下Kotozna)は,株式会社東京ドーム(所在地:東京都文京区,代表取締役社長:長岡 勤 以下(株)東京ドーム)からの出資を受け,業務提携契約を締結いたします。これにより,両社が共同してグローバル化・ユニバーサル化を視野に入れた環境整備に取り組みます。

Kotoznaは,104言語のテキストや音声入力対応の多言語コミュニケーションサービス『Kotozna Chat』を展開しております。『Kotozna Chat』は,従来のメッセージングアプリに同時翻訳機能が加わったサービスで,世界中の外国人とお互いに母国語でコミュニケーションをとることができます。会話したい相手とは至近距離だけでなく,離れた場所でもつながります。また1対1だけでなく,複数人で同時にグループチャットができる機能もあり,言葉の壁を感じることなく,多国籍の人たちと同時かつ,即時に母国語でチャットが可能です。

この度,グローバル化・ユニバーサル化に向けた環境整備のための最初の取り組みとして,2020年1月10日(金)から19日(日)の期間中,東京ドームにて開催される「ふるさと祭り東京2020」にKotoznaの多言語コミュニケーションサービスを導入いたします。

近年,外国人観光客や居住者は急増し,サービスの多言語化は喫緊の課題となっています。そこで,104言語のテキストや音声入力対応の多言語コミュニケーションサービス『Kotozna Chat』を導入することにより,翻訳での大掛かりなシステムや機器を新たに導入することなく,お手持ちのスマートフォンで多言語対応することができます。今回の導入により,外国人観光客は,お手持ちのスマートフォンで直接母国語のお問い合わせすることができ,加えて「ふるさと祭り東京2020」に関するお得な情報や,お祭りの実況ライブが自分のスマートフォンと自分の母国語で受け取れるようになります。

また今回の導入では,公式多国籍グループチャットをお祭りに参加した方々に提供することで,多様な言語を話す人々同士が国際交流できるような場を創出し,コミュニケーションの活性化を促します。大規模な祭典で全員が慣れ親しんだ母国語でのコミュニケーション機会を提供することで,Kotoznaのミッションである「言葉のカベの無い」社会を目指してまいります。

**************************************
■『Kotozna Chat』とは
Kotozna Chatとは,多言語コミュニケーションプラットフォームです。Kotozna Chatは,従来のメッセージングアプリの仕様に同時翻訳機能が加わったサービスです。Kotozna Chatを利用すると,世界中の外国人とお互いに母国語でコミュニケーションができるようになります。本サービスは,言葉が通じない人同士の対面での言葉によるコミュニケーションと,離れた場所でのチャットを介したコミュニケーションを可能にします。1対1だけでなく,複数人で同時にグループチャットができる機能もあり,言葉の壁を感じることなく,多国籍の人たちと母国語で意思疎通が図れるようになります。

■多国籍グループチャットとは
多国籍グループチャットとは,複数言語x複数人で国際交流ができるグループチャットです。相手が何語を話していても,お互いに母国語でメッセージを送受信することができます。学校,企業,イベントなど様々な言語を話す人が多くいる際のコミュニケーションツールとしてご利用いただくことができます。運営側から,数百・数千のユーザーに一斉配信を行うことや,またグループ内で運営側と任意の人数のユーザーとの双方向コミュニケーションも可能です。

**************************************
■Kotozna 株式会社 会社概要 <HP:http://kotozna.com/
Kotoznaは,「言葉のカベ」という社会課題をAIや機械翻訳等の最先端のテクノロジーを活用して解消することを目指す ITサービス会社。異なる SNSプラットフォーム間の同時翻訳付きメッセージングを行う「Kotozna Chat」や飲食店メニュー等の日本語コンテンツを多言語翻訳し,QRコードスキャンにより表示する「Kotozna Camera」等の多言語翻訳サービスを展開する。2016年10月創業。共同創業者はケンコーコム株式会社を創業し 20年間にわたって代表を務めた後藤玄利,および写真SNSアプリ「Snapeee」で知られた株式会社マインドパレットの創業者である神尾隆昌。2018年9月1日にジャクール株式会社より Kotozna株式会社に社名変更。

■本リリースについてのお問い合わせ先
KotoznaPR 事務局(株式会社ラ・クレタ内) 担当:奥村・相浦
TEL: 050-5236-6111 FAX:050-3383-4676 Email: pr@kotozna.com

【付帯情報】
・Kotozna Chatイメージ
http://itm.news2u.net/items/output/167710/1
・多国籍グループチャットイメージ
http://itm.news2u.net/items/output/167710/2
・【プレスリリース】Kotozna_株式会社東京ドームとの資本業務提携のお知らせ
http://itm.news2u.net/items/output/167710/3


News2uリリース詳細へ

Kotozna Chatイメージ

Kotozna Chatイメージ

多国籍グループチャットイメージ

多国籍グループチャットイメージ

関連リンク:http://kotozna.com