企業動向

西日本地域に国内2拠点目となるIaaS,PaaS,SaaSの豊富なクラウド・サービスを提供するリージョンを開設,国内での災害復旧能力を強化

西日本地域に国内2拠点目となるIaaS,PaaS,SaaSの豊富なクラウド・サービスを提供するリージョンを開設,国内での災害復旧能力を強化

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区,執行役 最高経営責任者:ケネス・ヨハンセン)は本日,オラクル・コーポレーションが,ますます高まる「Oracle Cloud」への需要に対応する「Oracle Generation 2 Cloud」のリージョンを2020年内に36に拡大する一環として,2019年5月に開設した東京リージョンに次ぐ日本国内2拠点目となる大阪リージョンを新たに開設し,運用開始したことを発表します。

この大阪リージョンの開設は,オラクルのデュアル・リージョン*戦略の一環で,お客様は災害復旧に向け国内にある複数のリージョンで復元力のあるアプリケーションを展開でき,法的管轄外から機密データをホストせず,コンプライアンス準拠に対応することができます。大阪リージョンでは,「Oracle Autonomous Database」から「Oracle Cloud Applications」まで,全ての「Oracle Cloud」のサービスを提供し,お客様のビジネスの成長およびイノベーションの推進を支援します。今回,大阪リージョン開設にあわせ,株式会社エディオン,ソフトマックス株式会社,ファイテン株式会社が,各社のミッション・クリティカルなシステムのクラウド化に「Oracle Cloud」を採用することを表明しています。
* 同等のレベルのサービスを提供する2つのリージョンの構成。オラクルでは,国および地域でデュアル・リージョンを提供する戦略をとっています。

オラクル・コーポレーション Oracle Cloud Infrastructure製品開発担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるドン・ジョンソン(Don Johnson)は次のように述べています。「全世界のエンタープライズのお客様は,真の事業継続性,DR,その地域のコンプライアンス準拠といった要件に対応するために,地理的に分散したリージョンを必要としています。東京リージョンに次いで,新たに大阪リージョン開設し,オラクルは日本のお客様の災害復旧やコンプライアンス準拠の要件に対応するデュアル・リージョン戦略を展開します」

大阪に加え,オラクルは本日,メルボルン(オーストラリア),ジェッダ(サウジアラビア),モントリオール(カナダ),アムステルダム(オランダ)のリージョン開設を発表しています。オラクルは,過去1年間で17の「Gen 2 Cloud」リージョンを開設し,現在世界で21のリージョン(16の商用および5つの政府)を運用し,主要なクラウド・プロバイダーの中でも最速の拡大を遂げています。今後年内までに,カリフォルニア(アメリカ),ベロオリゾンテ(ブラジル),ニューポート(UK),ハイデラバード(インド),チュンチョン(韓国),シンガポール,イスラエル,南アフリカ,サンチアゴ(チリ),サウジアラビアに加え,UAEに2リージョンの開設および運用開始を計画しています。現在,利用可能な「Gen 2 Cloud」リージョンは下記のとおりです。
●アジア:東京,大阪,ソウル,ムンバイ,シドニー,メルボルン
●南北アメリカ:フェニックス,アッシュバーン,トロント,サンパウロ,モントリオール
●ヨーロッパ:フランクフルト,ロンドン,チューリッヒ,アムステルダム
●中東:ジェッダ
●政府用:米国政府用「FedRAMP」リージョン(2リージョン),米国防総省用リージョン(3リージョン)

オラクルの最新の第2世代クラウドは,企業が最も要求の厳しいワークロードを安全に実行できるように構築および最適化されています。独自のアーキテクチャと機能により,「Oracle Cloud」では優れたセキュリティ,パフォーマンス,およびコスト削減を実現します。オラクルの「Gen 2 Cloud」は,「Oracle Autonomous Linux」や業界初で唯一の自己稼働データベースである「Oracle Autonomous Database」など,自律型サービスを実行するために構築された唯一のクラウドです。「Oracle Cloud」は,アプリケーション開発からビジネス分析,データ管理,統合,セキュリティ,人工知能(AI),ブロックチェーンまで,包括的なクラウド・コンピューティングのポートフォリオを提供します。

2019年5月,東京に「Generation 2 Cloud」サービスのリージョンをアジア地域で最初に開設以来,日本およびアジアの多くのお客様が,重要なアプリケーションを「Oracle Cloud」上に構築,または移行しています。2019年11月からは,「Oracle ERP Cloud」などの「Oracle Cloud Applications」の提供も開始され,東京リージョンの利用者はますます増加しています。また,「Oracle Cloud Infrastructure」上でのお客様のソリューション展開への深い知識を実証する認定資格「Oracle Cloud Infrastructure 2018 Architect Associate」の取得者数は,日本語試験開始から1年足らずで500名を突破し,「Oracle Cloud」の導入を支援するクラウド・エキスパートは急速に増加しています。大阪リージョンでは,東京リージョンの同等のサービスを提供することでこれらの急速に拡大するお客様のニーズに対応するだけでなく,日本国内でのDR環境の利用により,お客様の事業継続性,可用性を高めます。また,今後「Oracle Cloud Applications」も大阪リージョンにおいても提供開始となります。

日本オラクル株式会社 執行役 最高経営責任者(CEO)のケネス・ヨハンセンは次のように述べています。「日本のお客様は,グローバル事業の拡大,高まるインバウンド需要への対応,事業拡大のための新しいビジネス・モデルの構築など,大量のデータを分析し迅速なアクションをとることが求められています。さらに,事業の課金体系がサブスクリプション型へと変革する時代において,『データドリブン』なビジネスを志向するお客様が向かう先は,感動的な体験に価値を認める『エクスペリエンス・エコノミー』の世界です。『Gen 2 Cloud』の豊富なクラウド・サービスを提供する国内リージョンを拡大し,今後もお客様のデータドリブンなビジネスへの変革を支援してまいります。」

「Oracle Cloud」の大阪リージョン採用を表明頂いたお客様からのコメント(五十音順)
株式会社エディオン
エディオンは,「Oracle Cloud」の大阪リージョン開設を歓迎いたします。弊社の基幹システムにおいて,これまで「Oracle Exadata」を活用してきました。大阪リージョンの開設に伴い,東京,大阪と2つのリ-ジョンを利用した「Oracle Cloud」への移行を行い,システムの可用性および事業継続性を強化します。さらなるIT戦略推進の戦略的パートナーとして今後も弊社のイノベーションを支援していただけるものと期待しています。
株式会社エディオン 取締役専務執行役員 物流ITサービス本部長 金子 悟士 氏

ソフトマックス株式会社
ソフトマックスは,オラクルの次世代クラウドの大阪リージョン開設を心より歓迎します。「Oracle Cloud Infrastructure」を活用し,西日本地域の中小の病院様向けに当社の電子カルテシステムのインフラ基盤を大阪リージョンで構築します。「Oracle Cloud」は信頼性が高く,「Autonomous Data Warehouse」をはじめとしたクラウド・サービスおよびサポートが充実しており,コストパフォーマンスにも優れています。「Oracle Cloud」を最大限に利用した,安定かつ高機能な電子カルテシステムの提供で,医療業界の質的向上に貢献していきたいと考えています。
ソフトマックス株式会社 代表取締役副社長 松島 努 氏

ファイテン株式会社
ファイテン株式会社は,Oracle Cloud大阪リージョンの開設を歓迎致します。弊社では,今後のビジネスの成長を見据え,大阪リージョンにおいて,「Oracle Database Cloud」への基幹システムの移行および本番稼働を予定しております。弊社のパートナーとして強力に支援いただくことで,自社のクラウド戦略を更に加速していけるものと信じております。
ファイテン株式会社 執行役員 中山 定也 氏


日本オラクルについて
人々が,新たな方法でデータを捉え,知見を導き出し,無限の可能性を得ることをミッションにしています。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス,それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL http://www.oracle.com/jp

オラクルについて
Oracle Cloudは,セールス,サービス,マーケティング,人事,経理・財務,製造などを網羅する広範なアプリケーション群,「Oracle Autonomous Database」に代表される,高度に自動化され,高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については,www.oracle.com をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石山
Tel: 03-6834-4837/ Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルームhttps://www.oracle.com/jp/corporate/press/index.html

* OracleとJavaは,Oracle Corporation 及びその子会社,関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名,商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり,いかなる契約にも組み込むことはできません。


News2uリリース詳細へ