gihyo.jp special

プラットフォームの仮想化とソフトウェアライセンシング

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

インターネットには,仮想化の定義がたくさんありますが,それぞれ違いはあるものの相互に関連しています。さらに詳細に調べると,そのほとんどがデータセンターを効率化するためのプロセスとアプローチに焦点を置いていることが分かります。仮想化は,長年にわたりテストと開発に利用されてきましたが,現在の経済環境によりコストの削減と運用の効率化を図る方法としても急速に広まりつつあります。

しかしプラットフォームの仮想化は,ソフトウェアライセンスに準拠しようと努力しているエンドユーザにとっても,顧客導入を進めながらライセンスの準拠を強化して収益を確保しようとしている独立系ソフトウェアベンダ(ISV)にとっても,懸念事項となりえるものです。

本書では,仮想化とその優位性,そして仮想化がソフトウェアライセンシングの世界でこれほどまでに注目の的となっている理由について解説します。そして,ISV が仮想環境で適切なソフトウェアライセンシングを実現するための選択肢についての説明と,ベストプラクティスを紹介します。

ここから先は,技評アカウントをお持ちの方のみご覧いただけます。
以下のフォームにメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

メールアドレス:
パスワード:

登録済み情報の確認・更新はこちら
パスワードをお忘れの方はこちら

または,以下の外部サービスで認証してください。

コメント

コメントの記入