Windows Azure通信2014

2014年3月第3週 Windows Azure Web サイトおよびWindows Azure クラウドサービスGuest OSアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Windows Azure Web サイトのアップデート:Mercurial対応Project“Kudu”による管理ダッシュボード&IIS管理コンソール接続,トラフィックマネージャー対応(2/28,3/4,3/13)

他のWindows Azureの各サービスと同様に,Windows Azure Webサイトも絶え間なく更新され,進歩しています。Windows Azure Webサイトへのデプロイ(アプリケーション配置)はWebデプロイ(Visual Studio,WebMatrix)⁠FTP,Gitの他にも,Mercurialをサポートし,Project⁠Kudu⁠の名称で各種サービスが利用できるようになっています。Windows Azure Webサイトを作成するとKudu ダッシュボードが参照できるようになり,各種管理情報,ツールなどを利用できます。

画像

また,Windows Azure WebサイトはWindows Server / IISで稼働しており,既存のIISサイトと同様にWindows標準のIIS管理コンソールから接続し,管理することができるようになりました(Windows OS機能に含まれているIIS管理ツールの有効化と,リモート管理拡張ツールのインストールが必要です)⁠

画像

なお,Windows AzureトラフィックマネージャーがWindows Azure Webサイトのエンドポイントにも利用できるようになりました(標準プランのWebサイトに適用できます)⁠

Windows Azure クラウドサービスGuest OSアップデート(2014年2月度:4.5 / 3.12 / 2.24 / 1.32)(3/12)

Windows Azureクラウドサービスは,PaaS型サービスとして,仮想マシンのベースとなる Windows Serverや各種ランタイムなどのアプリケーション稼働環境のメンテナンスはMicrosoft側で行われています。

ほぼ月1回のペースで,セキュリティアップデートなどを含むWindows SeverのOSアップデートが行われ,⁠February 2014⁠版のアップデートが行われています。

現在の最新版は,Guest OS 4.5 / 3.12 / 2.24 / 1.32 となり,それぞれ利用期限は リリース日+60日,となっています。60日後には管理ポータルで表示されなくなり,⁠現在では)120日後からそれ以降のバージョンにアップデート必須となります。

Windows Azure のサービス概要

Windows Azure SQLデータベース

Windows Azureのデータ管理サービスの1つとして,RDB機能をご提供しているのがWindows Azure SQLデータベース(旧称:SQL Azure)です。こちらは物理的なリソースはWindows Azure側で管理を行い,Microsoft SQL Server互換のRDBの機能をPaaS型で提供しているもので,自動レプリケーション(プライマリ1台+セカンダリ2台)および 障害発生時のノード切り替えにより高可用性を実現しています。

画像

また,1つの論理DBを複数の物理ノードに分割する⁠フェデレーション⁠と呼ばれるデータベース分割により高スループットに対応します。標準のサービスはマルチテナント型(サーバ共有)で提供されていますが,SQLデータベースPremiumでは占有サーバでサービスを利用でき,より高いパフォーマンスを必要とするケースにも対応します。

ツールはSQL Serverをご利用の方ならお馴染みのSQL Server Management StudioやSQL Server Data Tools など既存のSQL Server 管理ツールから,同様に接続,利用できます。

Windows Azure仮想マシンとして稼働しているVM上でSQL Server をホストする場合は,オンプレミス(社内環境)などで利用する場合と同様にSQL Serverをインストールし,自由に構成して実行でき,既存の環境などの移行,Windows Azure仮想ネットワークによるハイブリッドクラウド環境でのアプリケーション構築などに適しています。バックアップ,フェイルオーバーなどはユーザー側で管理する必要があり,また,サーバ機能のスケールアップはベースとなるVM(サーバなどのスペック)に依存します。

Windows Azure SQLデータベースは,Windows Azureモバイルサービスのデフォルトのデータベースとして利用されているほか,Windows Azure Web サイト,クラウドサービス,または外部のサービスのRDBとしても利用できます。

馮富久の眼

今週の注目はProject⁠Kudu⁠です。これまで開発・制作環境として利便性が向上してきたWindows Azure Webサイトが,運用面での改善が進むことになります。とくにトラフィックマネージャーの,Windows Azure Webサイトのエンドポイントへの実装は,運用担当にとっては大変便利な機能と言えるでしょう。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入