Windows Azure通信2014

2014年3月最終週 SQL Server 2014,Windows Azure HDInsight正式リリース,Microsft Azureへ名称変更ほか

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

SQL Server 2014リリース発表,Hadoop 2.2対応Windows Azure HDInsight正式リリースに(3/19)

SQL Server 2014が4月1日に正式リリースとなることが発表され,また,プレビュー公開となっていたWindows Azure HDInsightのHadoop 2.2クラスタが正式公開となりました。

画像

Windows AzureでもSQL ServerのAlwaysOn機能を正式サポートしており,ミラーやバックアップ先としてWindows Azureを利用できます。

SQL Server 2014のリリースと合わせて,Windows Azure仮想マシンのイメージとしても提供される予定です(現在時点では,SQL Server 2014 CTP2試用版が利用可能です)⁠

画像

Windows Azure HDInsightはHadoop 2.2クラスタに対応し,クエリ応答時間40倍,データ圧縮率80%など,大幅な機能改善がなされています。Windows Azure HDInsight自体は正式リリース,2月にプレビュー公開していたHadoop 2.2クラスタが正式リリースとなったものです。HDInsight Version 3.0がHadoop 2.2 クラスタとなります。

Windows Azure PowerShell 0.7.3,0.7.4 リリース,仮想マシンに静的IPを設定可能に(2/12, 3/11)

Windows PowerShellからWindows Azureを管理,操作できるWindows Azure PowerShell 0.7.3,その後 0.7.4がリリースされています。MacおよびLinuxからはWindows Azureコマンドラインツールを利用することができ,こちらも 0.7.5 にアップデートされています。

画像

Windows Azure Webサイトで実行できるWebJobの操作,仮想ネットワーク内で構成している仮想マシンへ静的IPアドレスの設定,といったコマンドが追加されています。

Windows Azureブランド名を変更,Microsoft Azureへ

Microsoftから,Windows Azureの名称を⁠Microsoft Azure⁠に変更する旨が発表されました。

2008年10月に発表,以後⁠Windows Azure(Platform)⁠の名称で2010年2月より日本でも正式サービス提供が始まりました。当初のPaaSに加えてIaaSサービスが追加され,OSはWindowsおよびLinuxに対応,開発言語は.NET/Python/Ruby/Node.js/Javaなどさまざまな言語に対応していき,データベースもSQL/MySQL/OracleといったRDBとNoSQLに対応,Apache Hadoopクラスタ,メディア配信など,さまざまな機能追加がなされてきました。

名称変更日は2014年4月3日です(米国サンフランシスコで開催されるBuild 2014から)となります。

Windows Azure のサービス概要

Windows Azure HDInsight

大規模データの分散処理を行うApache Hadoopは,マイクロソフトとHortonworks社とのパートナーシップの元,Windows Serverベースで稼働するHDP for WindowsがOSSとして提供されています。Windows AzureをベースとしたHadoopクラスタをサービスとして提供しているのが,Windows Azure HDInsightです。データの配置は,HDFSの代わりにWindows Azure BLOBストレージを利用しています。

画像

クラウドを活用することで,クラスタ作成にかかっていた時間を数分に短縮でき,必要なサーバリソースをすぐに調達できます。データを保持したまま,より大きなクラスターを再作成できます。また,Windows Powershell や Linux / Mac ベースのクロスプラットフォームツールからもクラスターの操作,管理できます。

なお,Javaはもちろん,.NET言語にも対応したSDKを提供しており,.NETではHiveへのアクセスにLINQ(LINQ to Hive)も利用できます。

データはMicrosoft ExcelからHiveテーブルをODBCデータソースとして取得できるほか,Power Query for Excel で直接接続して取得することもでき,他のデータベースやローカルのデータと組み合わせた分析やレポーティングを行うことも容易です。

画像

馮富久の眼

今回は,SQL Server 2014とHadoop 2.2対応Windows Azure HDInsightのリリースに注目します。MicrosoftのRDBMSの最新版が正式リリースとなり,システム構築がより一層行いやすくなるでしょう。

さらに,gihyo.jpでも注目しているHD InsightがHadoop 2.2に対応されたことにより,Windows Azureをプラットフォームとしたビッグデータ戦略が進めやすくなったと言えます。

また,今週末からのMicrosft Azureへの名称変更は,同社のAzure戦略へのチカラの入れ具合が伺えますね。大きな意味を持つ発表となりそうです。

著者プロフィール

大森彩子(おおもりあやこ)

日本マイクロソフト株式会社 プラットフォームテクノロジーアナリスト。

マイクロソフト製品・テクノロジー全般,とくにWindows Azure Platformの啓蒙・マーケティングに関わり,2010年7月より現職。

コメント

コメントの記入