FreeBSD Daily Topics

2007年4月5日 src: src/usr.sbin/rpc.lockd rpc.statd,ports: mm他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

src

src/usr.sbin/rpc.lockd rpc.statd
rpc.lockd(8)およびrpc.statd(8)にバインドするポート番号を指定するためのオプション-pが追加されました。rpc.statd(8)は,デーモンとして動作し,他のホストに対してステータスモニタリングサービスを提供するユーティリティツール,rpc.lockd(8)はNFS環境においてロックサービスの記録やモニタ対象となるファイルを提供するユーティリティツールです。
rc.confにおいてrpc_statd_flagsおよびrpc_lockd_flagsオプションが使えるように変更も加わっています。

ports

mm
新しいports committerとしてMartin Matuska氏(mm)が加わりました。同氏はこれまでportsのPRやメンテナを担当,ここ半年の間はTcl/Tkに関するportsやインフラの整備を手がけてきました。
ports/lang/ruby18
converters/ruby-iconv
databases/ruby-gdbm
japanese/ruby-tk
lang/ruby-mode.el
x11-toolkits/ruby-tk
Rubyおよび関連portsがRuby 1.8.6へアップグレードされました。
ports/www/zope28
3月29日に公開されたZope 2.8.9.1に合わせてportsが更新されました。2.8.9.1はバグ修正リリースです。従来のバージョンを使っているユーザはバージョンアップを検討しましょう。

コメント

コメントの記入