FreeBSD Daily Topics

2007年4月11日 2007年第1四半期ステータスレポート公開,OpenOffice.org最新のfreetype2ライブラリを活用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

Status Report

2007Q1 SR
2007年第1四半期ステータスレポートが公開されました。FreeBSDへZFSが移植されたこと,FreeBSDでLinuxデバイスドライバを動作させるためにカーネルAPIマッピングレイヤを実装していること(devel/linux-kmod-compat,multimedia/linux-gspca-kmod,multimedia/linux-ov511-kmodに成果物あり),BSDCan 2007/EuroBSDCon 2007に関する報告,X.Org 7.2.0/GCC 4.1インテグレーション情報報告,ワイヤレスデバイスドライバ移植状況,malloc(3)の改善,ports登録数が17,000付近まで増加,SMPスケーラビリティの向上などがまとまっています。詳細はFreeBSD Quarterly Status Reportをご覧ください。

ports

editors/openoffice.org-2
editors/openoffice.org-2-devel
editors/openoffice.org-2-RC
OpenOffice.orgのportにシステムにインストールされているfreetype2ライブラリを使ってビルドするためのオプション"WITH_SYSTEM_FREETYPE"が追加されました。OpenOffice.orgにバンドルされているfreetype2ライブラリではなくportsを使ってシステムにインストールされた最新のfreetype2ライブラリを使うと,CJKフォント対応機能など最新の機能が使えるようになります。portから最新のfreetype2ライブラリをインストールしておけばボールドが用意されていないフォントから疑似的にボールドフォントを生成して使うといったことができます。表現力のある表示を実現するにはWITH_SYSTEM_FREETYPEオプションを有効にしてOpenOffice.orgを再構築してください。

コメント

コメントの記入