FreeBSD Daily Topics

2007年5月1日 Ghostscript-gpl IPAフォントへのジョイント追加,TuxGuitarおよびFrostWireを追加,Sylpheed 2.4.0へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

ports

print/ghostscript-gpl print/gsfonts
Ghostscript-gplにおけるデフォルトの日本語フォントにjapanese/ipa-ttfonts(執筆現在はM+とIPAフォントの合成フォント)のフォントを使うように変更が加わりました。システムにjapanese/ipa-ttfontsがインストールされていれば同フォントが使われます。
依存は追加されていませんので,同Ghostscriptで同フォントを使いたい場合は別途japanese/ipa-ttfontsをインストールしてください。
audio/tuxguitar
Ports CollectionへオーディオエディタであるTuxGuitarのport(audio/tuxguitar)が追加されました。TuxGuitarを活用すると音符編集,マルチトラック表示,エフェクト機能,gp3/gp4/gp5ファイルの活用などができます。
net-p2p/frostwire
Ports CollectionへオープンソースのP2PアプリケーションFrostWireのport(net-p2p/frostwire)が追加されました。FrostWireはLimeWireをベースとしたアプリケーションでプロトコルとしてはGnutellaネットワークを使います。最近のバージョンでBitTorrentサポートも追加されています。
mail/sylpheed2
メールユーザエージェントSylpheed2のportが2.4.0へアップグレードされました。

コメント

コメントの記入