FreeBSD Daily Topics

2007年6月30日 UMAPファイルシステム対応の削除,rw_init_flagsの導入によるrwlocks適用範囲の拡大,ATA/SCSI各種対応デバイスの追加,pcm(4)マニュアル更新

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

src

UMAP filesystem

UMAPファイルシステムに関するコマンドや設定ファイル,各種関連ツールなどがベースシステムから削除されました。すでに3年前からディスコネクトが続いているうえに壊れているための対処です。UMAPファイルシステムはユーザIDの対応などを実現するためのファイルシステムです。

sys/kern
sys/sys

新しくrwlocks初期化関数としてrw_init_flagsが導入されました。これはsx_init_flagsと類似した機能を提供するもので,RW_DUPOK,RW_NOPROFILE,RW_NOWITNESS,RW_QUIET,RW_RECURSEのフラグを通じて指定される内容を使ってrwlockの初期化を実施します。
この機能の導入によってrwlocksが共有パスに対しても排他パスに対しても再帰的に適用できるようになりました。ただし,再帰的カウンタのためにABIは変更されています。

sys/dev/ata

nVidia MCP61シリーズチップセットのサポートが追加されました。またViking Interworks 256MBがATAデバイスとして追加されています。

sys/cam/scsi

iRiver U10 USBコネクションに対するサポートが追加されました。

share/man/man4/pcm.4

pcm(4)のマニュアルが更新され,新しく追加されたsysctl値である「hw.snd.compat_linux_mmap」「hw.snd.default_auto」の説明が追加されました。hw.snd.default_autoは最近アタッチされたデバイスにデフォルトのサウンドユニットを自動的に対応付けるための設定で,有効にしてある場合最後にアタッチされたデバイスがサウンドユニットとして活用されます。たとえばUSBスピーカを使う場合などに便利な設定です。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入