FreeBSD Daily Topics

2007年7月13日 2007Q2 Status Report,ALi SATAコントローラにおけるAHCIモード,FAST_IPSECからIPSECへ変更

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

status-report

2007Q2 SR

2007年4~6月までの活動報告をまとめたStatus Reportが公開されました。この3ヵ月でマルチコア/マルチプロセッサシステムにおける性能改善,各種デバイスドライバの追加(10GビットEthernetデバイスドライバ,ワイヤレスデバイスドライバ,USBデバイスドライバ,サウンドデバイスドライバ),仮想化機能の拡充,監査機能の強化,デスクトップ機能の強化,ディスクストレージ機能の強化など,7.0-RELEASEへ向けた作業が続けられてきました。

まだ具体的なスケジュールは発表されていませんが,7.0-RELEASEはこれまでのスケジュールを考えると2007年10月以降でのリリースが現実的な日程になるのではないかと見られます。少なくとも2007年中には7.0-RELEASEが公開となりそうです。

6系と比較しても多くの新機能追加され,さらにマルチコア/マルチプロセッサでの性能が明らかに改善されている7.0-RELEASEは,多くのアドミニストレータ,デベロッパ,アドバンスドユーザ,コモンユーザにとって魅力的なバージョンになりそうです。

heads-up

sys/dev/ata

5288をのぞいて,ALi SATAコントローラにおいてはAHCIモードを有効にしないでください。初期バージョンでは同機能が正しく実装されていないため,ときどきBIOSが同チップセットに設置されているAHCI機能に関して誤った情報を報告することがあります。

src/UPDATING

src/UPDATINGファイルにもFAST_IPSECカーネルオプション名がIPSECへと変更された旨が記載されました。これまでFAST_IPSECを指定していた場合はIPSECを指定するように変更してください。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入