FreeBSD Daily Topics

2007年11月7日 Introducing FreeBSD 7.0他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

FreeBSD 7.0-RELEASE

2007年年末でのリリースが予定されているFreeBSD 7.0は,6系がリリースされてから2年ぶりのメジャーアップデートとなります。

この2年間の開発でFreeBSDは多くの問題に取り組み改善を続けてきました。とくにマルチコアやマルチプロセッサにおける性能向上は目を見張るものがあります。Kris Kennaway氏が作成したIntroducing FreeBSD 7.0というドキュメントにバージョンごとの変遷や,マルチプロセッサでアプリケーションがどのように性能を発揮するようになったかがまとまっていますのでご覧ください。7.0-RELEASEを導入する根拠として魅力的な資料と言えます。

src

RELENG_7 MFC

stable - 7.0-RELEASEへ向けてMFCが逐次実行されています。7.0-RELEASEを使ったサーバ運用を検討している場合,β版や準備リリース版がでるごとに随時試験を実施しておいたほうが良いでしょう。

ports

GCC 4.2

Ports Collectionの対象がRELENG_7に変更されたため,GCC 4.2を使ってビルドできるようにする作業が以前にも増して活発に行われるようになっています。

www/seamonkey

WebブラウザSeamonkeyのportが1.1.6へアップグレードされました。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入