FreeBSD Daily Topics

2008年1月9日 unzip(1)ベースシステムへ統合,"COMPAT_FREEBSD7"オプション登場,Gnomeアップグレード他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

usr.bin/unzip

current - ベースシステムにunzip(1)コマンドが追加されました。libarchive(3)を活用して開発されたコマンドで,Ports Collectionのunzipツールの代わりに使えるようになります。最初のコミットメントでありいくつかすべき作業が残っているようですが,将来的にデフォルトで活用できるコマンドになるとみられます。

GENERIC NOTES options

current - カーネル設定ファイルに新しく"COMPAT_FREEBSD7"オプションが追加されました。

src

src/sys/dev/usb/if_rum.c

current - HP s3200nに搭載されているSparkLAN RT2573のデバイスIDが追加されました。

src/sys/dev/ichwd/ichwd.c

current - Intel ICH8M watchdog timerのデバイスIDが追加されました。

ports

Gnome

Gnome関連コンポーネントやアプリケーションの一部が2.20.2から2.20.3へアップグレードされました。そのほか関連するライブラリやアプリケーションもアップグレードされています。

www/mod_jk

Apache HTTPd Server - Apache Tomcatコネクタが最新の1.2.26へ更新されました。いくつかの不具合が修正されています。同コネクタに起因するとおもわれる問題に遭遇してきた場合にはアップグレードを実施してみると良いでしょう。

links

big endian on little

FreeBSDコミッタ,とくに組み込み関連の移植や開発を実施しているWarner Losh氏のブログにおいてBuilding a big endian ufs image on a little endian systemの名のもとで興味深い文章が公開されています。

リトルエンディアンシステムにおいてビッグエンディアンUFSイメージを作成する方法を説明したものです。作業内容が丁寧にまとまっています。興味があるデベロッパは一度読んでみてください。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入