FreeBSD Daily Topics

2008年2月26日 FreeBSD 7.0-RC3登場,トポロジ考慮スケジューリングアルゴリズム 8-CURRENTへ導入へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

FreeBSD 7.0-RC3

stable - FreeBSD 7.0-RC3が公開されました。これはバックアウトしたHighPoint RocketRAIDデバイスドライバ(hptrr)の動作確認のために用意されたミニRC3で,RC1からRC2にかけておこなわれたドライバアップデートの問題に対処するものです。

特定の機能だけに絞ったミニRCであるための,FreeBSD Updateによるアップデートは提供されません。ソースコードをアップデートしてビルドする方法のみでアップグレードできます。用意されているISOイメージもi386版とamd64版の2つのみです。

Topology aware scheduling algorithm

current - ULEスケジューラの開発者であるJeff Roberson氏はjeffr_tech: non-uniform cpu schedulingにおいてCPUトポロジ(接続形態)を考慮したスケジューリングアルゴリズムについてまとめていますが,current MLにおいて同パッチcpuset.diffが公開されました。同氏はこのパッチによって唯一ULEが4BSDスケジューラの後塵を拝している部分のギャップを埋めることになるだろうとしています。

同パッチは週末までには8-CURRENTへコミットされ,どの時期で7-STABLEへマージするべきか議論を行うことになるだろう,とされています。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入