FreeBSD Daily Topics

2008年3月6日 PowerPC Book Eプロセッサシリーズ登場,Intel 82575 Gigabit Ethernet igb(4)導入(82575以後はem(4)からigb(4)へ)他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

src

sys/powerpc/fpu

current - FPUを持っていないPowerPCプロセッサにおいても動作するように浮動小数点エミュレータが追加されました。典型的にはPowerPCを組み込み用途に適用したBook Eプロセッサシリーズで動作させる場合で使います。NetBSDから移植されました。

sys/powerpc

current - Freescale PowerQUICC III MPC85xxシステムオンチップファミリの初期サポートが追加されました。PQ3ファミリのうちMPC8533,MPC8541,MPC8548,MPC8555で動作確認が実施されています。オンチップ周辺バス,OpenPIC割り込みコントローラ,UART,Ethernet(TSEC),Host/PCIブリッジ,QUICCエンジンなどの機能がサポートされています。

sys/dev/quicc

current - Freescale QUad Integrated Communications Controllerのサポートが追加されました。

sys/dev/em
sys/modules/em
sys/dev/igb
sys/modules/igb

current - Intel PRO/1000 Gigabit Ethernetアダプタドライバem(4)が更新された他,コードベースを共有しつつ新しいデバイスドライバとしてIntel 82575 Gigabit Ethernetアダプタドライバigb(4)が追加されました。

em(4)デバイスドライバは82575より前のデバイスもサポートしている他,これからリリースされるドライバも継続してサポートします。igb(4)デバイスドライバは82575以後の新しいサーバNICをサポートするデバイスドライバで,仮想化やパフォーマンスなどのアドバンスト機能はこちらのドライバでサポートされます。

つまり,em(4)を使い続けることもできますが,82575以後はigb(4)の方がアドバンスト機能が使えるようになるということになります。82575よりも前のドライバはem(4)を,以後はigb(4)を採用するという住み分けになりそうです。どのバージョンのチップを使っているかはpciconf -lvで確かめられます。

sys/dev/usb

current - O2 CZから操作されるCDMAネットワークで使われるAxesstel MV100HのサポートがUSBデバイスに追加されました。 そのほかEPSON CX5400スキャナのサポートが追加されています。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入