FreeBSD Daily Topics

2008年4月21日 pcbinfo/inpcbをrwlocks変更で並列性向上,Wine更新,Linux_base4/8改善,Squid2系プロクシ最新版Cacheboy登場他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

pcbinfo/inpcb to rwlocks

current - Robert Watson氏は2008年4月17日,CURRENT MLにおいてpcbinfoおよびinpcbのロック実装をmutexからrwlocksへ変更することについて説明しています。これは同氏が開発をおこないKris氏によって検証が進められてきたもので,特定の状況における特定のデータ構造の実装をrwlockロックに変更することでUDP/TCPに関するネットワークスタックの並列度を向上させることにつながるとされています。

もともとこの変更は多くのスレッドから同時に単一のUDPソケットが使われるBIND9やnsdネームサーバを実行している場合に発生するロックコンテンションを解決するために開発されたものです。問題なく動作するとおもわれますが,関連するモニタリングツールが動作しなくなった場合など,今回実施されるこの変更が影響を及ぼしていないかチェックしてみてください。

ports

emulators/wine

Windows互換レイヤWineのportが0.9.60へアップグレードされました。同アップグレードでWindows IMEのサポートが改善された他,Windowsスタイルウィンドウデコレーションオプションの追加,システムトレイ動作の改善,ウィンドウ管理のバグ修正,quartzオーディオサポートの改善,UNIXファイルマネージャからアプリケーションを起動する機能の改善,その他多くのバグが修正されています。

emulators/linux_base-fc4

/compat/linux/lib/librt.so.1から/compat/linux/usr/lib/librt.so.1へハードリンクを張るようにportが改善されました。これはLinuxバイナリ互換機能のバグではないのですが,処理の組み合わせ上不具合が発生してしまうため,ハードリンクを張ることでこれを回避しています。最初はシンボリックリンクを張っていましたが,シンボリックリンクには問題があったためハードリンクへ変更されました。

www/cacheboy

高性能ProxyキャッシュサーバCacheboyのportが新しくPorts Collectionへ追加されました。CacheboyはSquid-2から派生したプロジェクトで,安定版Squid-2をコードベースにして活発に開発を続けることを目指しています。Squid-2系の新しいProxyサーバを検討している場合にはCacheboyを調査してみてください。

net-mgmt/argus3
net-mgmt/argus3-clients

ネットワーク監視サーバargusのバージョン3系のportが,新しくPorts Collectionへ追加されました。従来の2系は今までどおりnet-mgmt/argusとして保持されていきます。クライアントについてはnet-mgmt/argus3-clientsとして3系対応版が追加されています。

emulators/linux_base-f8

Linux互換環境にglib-1.2パッケージが追加されました。これはいくつかのLinuxアプリケーション(たとえばemulators/linux-ePSXeなど)が依然としてglib-1.2を要求しているため,これに対処するためです。

www/firefox-i18n
www/linux-firefox

国際版FirefoxおよびLinux版Firefoxのportが2.0.0.14へアップグレードされました。

astro/google-earth

Google Earthのportが4.3.7191.6508へアップグレードされました。同アプリケーションはすでにFreeBSD 7よりも前のバージョンでは動作しなくなっているようです。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入