FreeBSD Daily Topics

2008年5月22日 2008Q1 FreeBSD状況報告,FreeBSD SoC国別分布,4カーネル比較,finstallレビュー,MeetBSD開催へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

FreeBSD Quarterly Status Report

2008年5月17日(米国時間),2008Q1 FreeBSD状況報告が公開されました。finstallの開発は進んでいるものの遅々としており,アクティブな開発リソースを得るためにSourceForgeへ公開をはじめたことが発表されています。そのほかFreeBSD Bugbusting Teamによる取り組みや改善の提案,Webサイト改善の提案,FreeBSDにおけるスタックスマッシュプロテクション(ProPolice)の有効化,Ports Collectionにおけるビッグチェンジ(KDE 4,automake,gettext,libtool,m4,perl),USBスタックなどが報告されています。

Summer of Code

Murray Stokely氏は2008年5月13日(米国時間),Summer of Code Students in Community Bonding PeriodにおいてGoogle Summer of Code 2008に参加することになったFreeBSD Projectの学生たちの分布をまとめて発表しました。

図1 参加者分布図その1 - Murray Stokely氏ブログより抜粋

図1 参加者分布図その1 - Murray Stokely氏ブログより抜粋

図2 参加者分布図その2 - Murray Stokely氏ブログより抜粋

図2 参加者分布図その2 - Murray Stokely氏ブログより抜粋

links

A Tale of Four Kernels

Diomidis Spinellis氏がFreeBSD,GNU/Linux,Solaris,Windowsの4つのOSのカーネルを比較した論文A Tale of Four Kernelsが公開されています。ファイルの組織方法,コードの構造,コードスタイル,Cプリプロセッサの利用,データの組織方法などをベースにして比較が実施されています。異なるソースの比較を実施する方法として興味深いものがあります。

finstall review

Murray Stokely氏はfinstall alpha4 reviewにおいてfinstallについて説明と簡単なレビューを公開しています。これまでsysinstall(8)にかわるグラフィカルなインストーラの開発プロジェクトはいくつかありましたが,それらはsysinstall(8)を置き換えるという目的を達成することはありませんでした。最近開発が停滞しているもののfinstallはsysinstall(8)を置き換えるインストーラとしてもっとも有力なもののひとつです。特にMurray Stokely氏はGoogleの関係者ということもありSoCで開発されたfinstallをこれまでも推しており,そういった意味でも取り上げたとみられます。finstallの開発者であるIvan Voras氏は自身のブログで簡単に触れています。

MeetBSD

FreeBSDが誕生してから15年になります。2008年11月ごろをめどに,この記念もかねて米国ベイエリアでmeetBSDの開催が予定されています。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入