FreeBSD Daily Topics

2008年6月2日 OpenOffice.org 3.0.0β登場,1,000越え*BSDコマンドハンドブック,USB4BSD for DragonFly,pfSense良質ドキュメント

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

editors/openoffice.org-3/

ports - 統合オフィスアプリケーションOpenOffice.orgの次世代版となるOpenOffice.org 3へ向けたportがeditors/openoffice.org-3に登場しました。執筆現在でOpenOffice.org 3.0.0.bが用意されています。

books

RESEARCHANDMARKETS

1,000以上のパワフルなコマンドをまとめた書籍BSD UNIX Toolbox: 1000+ Commands for FreeBSD, OpenBSD and NetBSDが出版されました。執筆者はChristopher Negus氏およびFrancois Caen氏です。

FreeBSD,OpenBSD,NetBSD向けのコマンドライン作業をまとめた書籍で,シェルの使い方,オンラインソフトウェアの調査方法,ファイルの操作方法,音楽ファイルやイメージデータの操作方法,ファイルシステムの管理方法,データのバックアップ方法,プロセスの操作方法,ネットワークリソースへのアクセス方法,遠隔システム管理方法,セキュリティ操作などの方法がまとめられています。システム管理者は同書籍をチェックしておくと良いでしょう。

links

USB4BSD for DragonFly BSD

2008年7月なかばにリリースが予定されているDragonFly BSD 2.0がリリースされたあとで,Michael Neumann氏によってUSB4BSDがDragonFly BSDへマージされるであろうことが報告されています。

USB4BSDはFreeBSD 5/6/7向けに開発された新しいUSBドライバです。現在FreeBSDに統合されているUSBスタックと比較して多くの転送タイプをサポートして転送速度が高速であるうえにGiant Lockが排除されているというという特徴があります。

USB4BSDがFreeBSDにとって重要なUSBスタックであることは間違いのないところですが,従来のAPIとの互換性がほんとうにとれているのかといった懸念があり,いつFreeBSDにマージされるかは現在議論の段階にあります。PC-BSDですでに採用した実績もあるため,今後の議論によってはかなり早い段階で8-CURRENTにマージされる可能性もあります。現状のままいけばFreeBSDよりも一足早くDragonFly BSDの方がUSB4BSDを統合ということになりそうです。

pfSense articles

Sloan Miller氏によって記述されたpfSenseを使う設定方法をまとめたドキュメントConfigure a professional firewall using pfSenseが公開されました。またBSDCan2008において発表されたスライドがpfSense Tutorialとして公開されました。pfSeneはFreeBSDをベースに開発されたルータ/ファイアウォールソリューションです。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入