FreeBSD Daily Topics

2008年6月26日 Opera 9.5登場,BSD grep(1)更新,RRDtool更新,FreePascalベースportサポート追加,Rubyセキュリティアップデート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ports

www/opera
www/opera-devel

Operaのportが9.5へアップグレードされました。今回の更新でAMD64アーキテクチャがサポートされた他,FreeBSD 4系サポートが削除されています。9.5からメールストレージが変更された他,ショートカットが変更されています。Opera 9.5における詳しい変更内容についてはOpera 9.5 for FreeBSD Changelogをご覧ください。9.2xから9.5xへのアップグレードについては/usr/ports/UPDATINGにも説明が追加されています。

まだFreeBSD Firefoxのportが3.0へアップグレードされていないため,最新のブラウザを試したい場合はこのFreeBSD Opera 9.5が良い候補と言えます。最新のJavaScriptエンジンやCSS,Webアプリケーションを活用したい場合にはOpera 9.5も検討してみてください。またこれに合わせて開発版Opera(www/opera-devel)はIGNORE指定に変更されました。最新のOperaはwww/operaからインストールしてください。

textproc/bsdgrep

BSD grep(1)のportが20080624スナップショットへアップデートされました。GNU grep(1)との互換性が改善され,たとえば終了のステータスコードが完全互換になった他,catgets()経由のんLSサポートの追加,gzip/bzip2ファイルの扱いの変更,コードのクリーンナップが実施されています。

databases/rrdtool

高性能ログデータビジュアライズツールRRDtoolのportが1.3.0へアップグレードされました。RRDtoolのアップグレードに伴って関連するアプリケーションも追従するように変更されています。

ports/Mk/bsd.fpc.mk

FreePascalベースのportをサポートする新しいmakefile(ports/Mk/bsd.fpc.mk)が追加されました。FreePascalベースのportも一斉に同変更に対応しています。この変更でFreePascalを使うportでUSE_FPC,WANT_FPC_BASE,WANT_FPC_ALLなどのオプションが使えるようになりました。

lang/ruby18

Rubyリポジトリからいくつかのパッチが統合されました。bignumsにおける整数のオーバーフローを修正するパッチが取り込まれた他,regexpsにおける正しい文字列長チェックへの修正,parse.cにおけるメモリリークの修正パッチなどが取り込まれています。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入