FreeBSD Daily Topics

2008年8月28日 jemallocスレッドキャッシュ機能搭載でロック削減,7.1にDTraceマージ,ath更新,ワシントンポストにFreeBSD記事,PC-BSDインタビュー他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

jemalloc got Thread-caching

current - Jason Evans氏がcurrent mlにおいて同氏が開発したmalloc実装,いわゆるjemallocへスレッドキャッシュ機能を追加したと発表しています。この新機能追加によってロックの必要性の多くが劇的に減るとされており性能向上に関与するものと見られます。ただし,メモリの使用量が増加します。同機能を有効にするにはsrc/lib/libc/stdlib/malloc.cにおいてMALLOC_PRODUCTIONを定義してからシステムをビルドし,malloc(3)オンラインマニュアルの説明に従ってチューニングを実施します。同氏は実際に同機能がどういった結果をもたらすか報告を望んでいるため,興味がある場合には同機能を有効にして実際にマルチスレッドアプリケーションにどういった影響があるのかを調べ同氏に報告してみてください。

DTrace for 7.1

stable - John Birrell氏がstable mlにおいてDTraceをFreeBSD 7系ブランチにマージしたことを報告しています。7-stableの最新版へアップデートする場合,/usr/src/UPDATINGに記載されている内容を参考にしてアップデート作業を実施してください。

src

ath_hal updated

current - Rui Paulo氏がcurrent mlにおいてath_halを0.10.5.10にアップグレードしたことを伝えています。同アップデートはAsus Eee PCやMacBooks,またはその他のノートPCに搭載されているAtheros/Atherosベースカードに影響をもたらします。これまで同チップが機能していなかった場合,この最新版を試してみると良さそうです。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入