FreeBSD Daily Topics

2008年8月29日 jemalloc アリーナにおけるロック処理削減,Git 1.6.0と構成変更,MySQL6.0.6 alphaへ更新,PostgreSQLバックエンドBIND9登場他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

src

jemalloc

current - 小さいサイズクラスに対するスレッドキャッシュ機能が追加されました。このキャッシュ機能によってアロケーション/デアロケーションにおけるロックが不要になり,アリーナコンテンションが削減されることになります。

ただし,逆にメモリの使用量とフラグメンテーションが増加するようです。またアリーナのデフォルト数が2*ncpusに変更されました。

ports

devel/git

Gitのportが1.6.0.1にアップグレードされました。今回のアップグレードに合わせて多くの変更が実施されています。とくにMakefileのデフォルト設定が変更され,多くのプログラムが$PATHではなくそれ以外のディレクトリへインストールされるようになりました。gitやgitkは$PATHへインストールされます。

databases/mysql60-server

MySQL6のportが6.0.6 alphaへアップグレードされました。

www/phpwebgallery

写真データをWebサイトで公開するためのWebアプリケーションPhpWebGalleryのportが新しくPorts Collectionへ追加されました。

dns/bind9-sdb-postgresql

PostgreSQLをバックエンドとしてサポートしたBIND9 DNSサーバのportが新しくPorts Collectionへ追加されました。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入