FreeBSD Daily Topics

2008年9月24日 FreeBSD Summer of Code 2008,21のエントリのうち19が成功裏に終了

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

FreeBSD Summer of Code - 19 Successes

FreeBSD Summer of Code 2008の成果が発表されました。21のエントリのうち19が成功裏に終了したと報告されています。成功したとされるプロジェクトは次のとおりです。

  • Implementation of MPLS on FreeBSD
  • TCP/IP regression test suite (tcptest)
  • Porting Open Solaris Dtrace Toolkit to FreeBSD
  • Adding .db support to pkg_tools --> pkg_improved
  • Porting BSD-licensed text-processing tools from OpenBSD
  • Multibyte collation support
  • VM Algorithm Improvement
  • TCP anomaly detector
  • FreeBSD auditing system testing
  • Dynamic memory allocation for dirhash in UFS2
  • Reference implementation of the SNTP client
  • NFSv4 ACLs
  • Enhancing FreeBSD's Libarchive
  • Allowing for parallel builds in the FreeBSD Ports Collection
  • Ports license auditing infrastructure
  • Improving layer2 filtering
  • Porting FreeBSD to Efika (PPC bring up)
  • Audit Firewall Events from Kernel
  • ShinyBSD

FreeBSDへのマージに向けた準備が終わっているものはまだほとんどありませんが,有益な機能でコミットへ向けた整理やパブリックレビューが済んだものは,順次CURRENT/STABLEへマージされていくとみられます。開発者やユーザごとに求める機能が異なるため一概には言えませんが,VM Algorithm ImprovementやDynamic memory allocation for dirhash in UFS2はシステム全体としてのパフォーマンス向上につながる可能性があり特に注目しておきたいところです。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入