FreeBSD Daily Topics

2008年10月15日 FreeBSD 6.4 RC1登場,MAKE_DVD登場 - CDROMからDVDへ,pkg_trans(8)提案内容,Python 2.6/3.0rc1登場,NYBSDCon2008 "BSD is Dying"ビデオ登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

FreeBSD 6.4-RC1

stable - FreeBSD 6.4-RELEASEへ向けた最新の準備リリースFreeBSD 6.4-RC1が公開されました。インストールイメージはftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/から取得可能です。FreeBSD 6.4-RC2をリリースした後,6系の最終リリースとなるFreeBSD 6.4-RELEASEが公開される見通しです。

pkg_trans(1)

current - finstallの開発者であるIvan Voras氏がAddition to FreeBSD's package infrastructure: pkg_transにおいて,同氏が提案している新しいPorts Collectionユーティリティpkg_trans(8)の概要が紹介されています。portをグループ化しGnomeやKDEなど大量の依存portを持っているアプリケーションのインストールを一括化することを可能にします。pkg_trans(1)の導入にあたってはpkg_add(1)やpkg_delete(1),portupgrade(8),Ports Collectionインフラストラクチャにも変更が必要になると見られます。

src

MAKE_DVD

current - DVDイメージを作成するためのオプションMAKE_DVDが新しく追加されました。MAKE_DVDが指定されている場合,従来であれば個別のCD-ROMに展開していたデータが1つのDVDツリーに展開されるようになります。結果的に配布物,ライブシステム,ドキュメントがすべて1つのDVDイメージに作成されるようになります。今のところi386およびamd64版がサポートされています。

ports

lang/python
lang/python26
lang/python30

Python 2.6系と3.0系のportがそれぞれ最新版となるPython 2.6 finalおよび3.0rc1へアップグレードされました。Pyhon 2.6はPorts Collectionにおける次のデフォルトPythonバージョンとなります。関連しているportのチェックが十分に行われてからPython 2.6がデフォルトに切り替わります。

graphics/gnash

GNU Flash動画プレーヤGnashのportが最新リリース版0.8.4へアップグレードされました。

devel/glog
devel/googletest

Googleから公開されているC++開発向けの支援ツールglogとgoogletestの portが新しくPorts Collectionへ追加されました。glogはアプリケーションレベルで操作可能なロギングAPI, googletestは試験を実施するためのフレームワークです。

links

NYBSDCon 2008

米国ニューヨークにおいてNYBSDCon 2008が開催されました。NYBSDConはBSDCanやAsiaBSDCon,EuroBSDConが学術色が強いのに比べると,NYBSDConはコミュニティによる情報交換や発表といったニュアンスの強いカンファレンスです。

すべてではありませんが,セッションの1つBSD is DyingがGoogle Videoで公開されています。同発表はBSDCan2008で紹介されたものとよく似ています。学術目的の内容ではありませんが,ユーモアに満ちたおもしろい発表ではあります。興味があるかたはチェックしてみてください。

図1 BSD is Dying発表ビデオから抜粋

図1 BSD is Dying発表ビデオから抜粋

図2 BSD is Dying発表ビデオから抜粋

図2 BSD is Dying発表ビデオから抜粋

図3 BSD is Dying発表ビデオから抜粋

図3 BSD is Dying発表ビデオから抜粋

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入