FreeBSD Daily Topics

2008年11月3日 U-bootにFreeBSD UFS対応機能登場 - U-bootから直接起動が可能に,NetBSD 5.0の新機能のリリースプラン,Linuxプロセス終了時競合条件バグ発見と修正

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

U-boot supports UFS directly

U-boot FFS/UFS supportにおいてStanislav Sedov氏がU-bootにUFSのサポートを追加したと発表しています。U-bootはこれまでFATやReiserFS,Ext2,CramFS,jffs2などのファイルシステムをサポートしていました。今回UFSのサポートが追加されたことでU-bootからUFSでフォーマットされたメディアを直接操作できるようになります。要するにUFSでフォーマットされたメディアにインストールされているFreeBSDシステムをU-Bootから直接起動できます。UFS2で試験されたようですが,UFS1でも動作するだろうと説明されています。

FreeBSDは,FreeBSDの起動プロセスからU-bootの機能を使うという方法でU-bootに対応していました。この方法では,まずBIOSが所定の手続きでシステムを起動し,次にFreeBSDに処理が移り,起動途中でFreeBSDがU-bootの機能を借りながら現在の起動メカニズムで起動を実施します。この方法なら最初のシステム起動だけクリアできれば,あとはサーバであっても組み込みデバイスであっても同じ起動メカニズムが使え,最小限のコーディングで新しい組み込みボードに対応できます。

今回U-Bootが直接UFSでフォーマットされた領域を扱えるようになったことで,U-bootに対応した組み込みデバイスにおけるFreeBSDの起動がいっそう簡単なものになったといえます。この1年ほど,FreeBSDはPowerPC,ARM,MIPSの組み込み得デバイスへの対応を一気に進めており,U-bootのUFS対応はこの流れを後押しすることになりそうです。UFSに対応するためのパッチはU-boot FFS/UFS supportから取得できます。

src

linux_proc_exit() fixed

current - linux_proc_exit()において,同時に複数のLinuxベースプロセスが存在する場合競合状態が発生する部分が見つかりました。ロック順序と条件チェックをより適切なものに変更することで問題が修正されています。この修正によってLinuxアプリケーションの動作が従来よりも安定化する可能性があります。STABLEブランチへのマージは1週間後が予定されています。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入