FreeBSD Daily Topics

2008年12月1日 FreeBSD 6.4-RELEASE登場,Linux Flash9更新,Tiny C Compiler登場,i-node情報を取得する方法

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

FreeBSD 6.4-RELEASE

release - 2008年11月28日,6系の最新版となるFreeBSD 6.4-RELEASEが公開されました。amd64,i386,pc98,sparc64版が用意されamd64/i386版にはネットインストール向けの"bootonly",CDインストール向けの"disc1","disc2","disc3","docs",DVDインストール向けの"dvd1"のディスクイメージが用意されています。disc1とdvd1はライブCD/DVDとしても活用できます。

6.4における主な特徴は次のとおりです。

  • 新しいNFS Lock Manager(NLM)クライアントの導入
  • Camellia暗号のサポート
  • USBデバイスからの起動やGPTデバイスからの起動のサポート
  • KDE 3.5.10およびGNOME 2.22.3の提供
  • 各種3rdパーティアプリケーションの更新

6.4のセキュリティサポートはExtended扱いとなり,2年後の2010年11月30日まで実施されます。6.4で6系のリリースは終了する見通しです。サーバに6系を採用している場合には6.4へのアップグレードと2年以内の7系以降へのアップグレードを計画してください。7.1のリリースは順当に進めば2008年12月の下旬に実施されることになりますが,時期的に考えて2009年の年始までずれ込む可能性もあります。

6系は安定したブランチですが,マルチコア性能の改善や高速ネットワーク機能など多くの点でパフォーマンスは7系や8系の方が有利だとみられます。特にマルチコアの性能を発揮するには最新版ほど有利な状況です。新しくサーバを構築する場合,6.4ではなく7.1の採用を検討してみてください。7系はすでにSTABLEブランチで動作も安定しています。

ports

www/linux-flashplugin9

Linux Flash9のportが9.0r151へアップグレードされました。

lang/tcc

Tiny C Compilerのportが新しくPorts Collectionへ追加されました。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入