FreeBSD Daily Topics

2009年3月12日 IGMPv3/SSM機能登場,マルチパスフェールオーバクラスタノード向け新しいiSCSI target istgt登場,ATI Radeon R600/R700対応コードカーネルにマージ(2D描画高速化),Amarok 2登場,Monkeysphere登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

src

IGMPv3/SSM committed to IPv4 stack

current - Bruce Simpson氏がcurrent mlにおいて,IGMPv3およびSource-Specific Multicastのサポートが8-currentにコミットされたことを報告しています。コードの状況はベータ段階の後方に来ており,広く試験する段階にきたとされています。興味がある場合にはチェックと問題報告に取り組んでみてください。

new iSCSI target

current - Daisuke Aoyama氏がstable mlにおいてマルチパスフェールオーバクラスタノード向けに設計された新しいiSCSI targetソフトウェアのテスタを探している旨を伝えています。成果物はistgt(iSCSI target)20090308版 for FreeBSD 7.x with ZFSで紹介されています。ページは日本語で記載されています。

Support for ATI Radeon R600 and R700 series chips

current - ATI Radeon R600およびR700シリーズのチップをサポートするためのコードが8-currentカーネルにマージされました。3Dのサポートはまだ存在していません。同機能に対応したアプリケーションとしては次のどれかが挙げられています。

  • x11-drivers/xf86-video-radeonhd-devel(ただし試験されていない)
  • Gitリポジトリから取得した最新のxf86-video-ati(EXAもxvも機能,xvの動作はかなり高速)
  • Gitリポジトリから取得した最新のxf86-video-radeonhd(EXAもxvも機能,xvの動作はかなり高速)

また,EXAおよびXVの機能を有効にするには,/etc/X11/xorg.confのデバイスに次の設定を追加する必要があります。

EXAおよびXVの機能を有効にするためにxorg.confのDeviceセクションに追加する設定

Option      "DRI"
Option      "AccelMethod" "EXA"

RadeonのDRIが有効になったかどうかはxdriinfo(1)コマンドやxvinfo(1)コマンドで確認できます。次のように出力が変化します。

Radeon DRIアップデート前 - 機能が有効になっていない

% xdriinfo
Screen 0: not direct rendering capable.
% xvinfo 
X-Video Extension version 2.2
screen #0
 no adaptors present
%

Radeon DRIアップデート後 - 機能が有効になっていることがわかる

% xdriinfo
Screen 0: r600
% xvinfo
X-Video Extension version 2.2
screen #0
  Adaptor #0: "RadeonHD Textured Video"
    number of ports: 16
    port base: 85
    operations supported: PutImage 
    supported visuals:
      depth 24, visualID 0x21
    no port attributes defined
    maximum XvImage size: 8192 x 8192
    Number of image formats: 4
      id: 0x32595559 (YUY2)
        guid: 59555932-0000-0010-8000-00aa00389b71
        bits per pixel: 16
        number of planes: 1
        type: YUV (packed)
      id: 0x32315659 (YV12)
        guid: 59563132-0000-0010-8000-00aa00389b71
        bits per pixel: 12
        number of planes: 3
        type: YUV (planar)
      id: 0x30323449 (I420)
        guid: 49343230-0000-0010-8000-00aa00389b71
        bits per pixel: 12
        number of planes: 3
        type: YUV (planar)
      id: 0x59565955 (UYVY)
        guid: 55595659-0000-0010-8000-00aa00389b71
        bits per pixel: 16
        number of planes: 1
        type: YUV (packed)
% 

NVIDIAドライバがi386版しか対応していないため,amd64で描画性能を発揮するには今のところRadeonがもっとも現実的だとみられます。current/amd64でRadeonのグラフィックアクセラレーションを使っている場合には,同機能を使ってみてください。

ports

Amarok 2

Amarok 1.4系のport(audio/amarok)をコピーする形で,新しくAmarok 2のport(audio/amarok-kde4)がPorts Collectionへ追加されました。Amarok 2は新しくデザインされなおされたAmarokの最新バージョンで,統合メディアプレーヤとして人気の高いアプリケーションの最新版となります。

Monkeysphere

Monkeysphereのport(security/monkeysphere)が新しくPorts Collectionへ追加されました。SSHベースの認証には鍵の認証や開始,期限設定といった公開鍵インフラストラクチャは容易されていません。Monkeysphereは,OpenPGP Webを使うことで信頼できる公開鍵インフラストラクチャ機能を実現していこうというシステムです。

istgt

FreeBSD 7系およびZFSに対して開発されたiSCSI target,istgtのport(net/istgt)が新しくPorts Collectionへ追加されました。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入