FreeBSD Daily Topics

2009年4月2日 ≪注目≫FreeBSD 7.0 EoLは4月いっぱい,≪注意≫linux_base-f8関連のインフラ更新,Perl 5.10へアップグレード,LLVM対応進む

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

FreeBSD 7.0 EoL

FreeBSD Security Officerは2009年4月1日,FreeBSD 7.0のセキュリティサポートが2009年4月30日で終了することをアナウンスしました。FreeBSD 7.0のユーザはセキュリティサポートが終了する前にFreeBSD 7.1へアップグレードすることが強く推奨されています。

FreeBSD 7.0のセキュリティサポートの終了はもともとは2009年2月いっぱいが予定されていました。しかしながらFreeBSD 7.1のリリースが遅れたこともあり,これを考慮して4月いっぱいまで延期されました。FreeBSD 7.1は2011年1月いっぱいまでセキュリティサポートが計画されています。

なお,次期リリースが予定されているFreeBSD 7.2は通常のセキュリティサポート期間になる見通しでリリース後1年間のサポート期間になる見通しです。

src

LLVM

current - LLVM CLangを使ったシステムのビルドへ向けた取り組みが進められています。

ports

linux_base-f8

Linux Base F8(emulators/linux_base-f8)関連のportがまとめてアップグレードされました。今回の変更で従来の方法といくらか変更が発生しています。まず,以前は/etc/make.confに「OVERRIDE_LINUX_BASE_PORT?=f8」の設定を追加すれば良かったのですが,これが次のように変更となりました。

/etc/make.confに追加する設定

USE_LINUX_BASE_PORT=f8
USE_LINUX_NONBASE_PORTS=f8

すでにemulators/linux_base-f8をインストールしてある場合,一旦すべてのLinux Base関連をアンインストールし,Linuxアプリケーションをアンインストールしてから,再度≪Tips≫linux_base-f8をインストールして使う方法(日本語ロケール設定,日本標準時設定あり)のようにインストールを実施する必要があります。/etc/make.confに追加する設定は「OVERRIDE_LINUX_BASE_PORT?=f8」ではなく上述したようになりますので気をつけてください。

Perl 5.10 from 5.8

Ports CollectionのPerlが5.8対応から5.10対応へ更新されました。アップグレード方法が/usr/ports/UPDATINGファイルに記載されています。

Perlを5.8から5.10へアップグレードする方法 portupgrade(1)編

# pkgdb -Ff
# portupgrade -o lang/perl5.10 -f perl-5.8.\*
# portupgrade -fr perl

Perlを5.8から5.10へアップグレードする方法 portmaster(1)編

# portmaster -o lang/perl5.10 lang/perl5.8
# portmaster -r perl\*

Perlのアップグレードはインストールされているアプリケーションによってはかなり広範囲にわたって再インストールを行うことになります。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

  • UPDATING修正

    UPDATINGが修正されています

    USE_LINUX_BASE_PORT=f8
    USE_LINUX_NONBASE_PORTS=f8



    OVERRIDE_LINUX_BASE_PORT=f8
    OVERRIDE_LINUX_NONBASE_PORTS=f8

    Commented : #1  anonymous (2009/04/03, 12:15)

コメントの記入