FreeBSD Daily Topics

2009年4月29日 FreeBSD 7.2-RC2登場,GEOM Mirror(4)で読み込み性能改善へ,sysctl(8)システム停止問題,vfs.read_maxチューニングでシーケンシャル読み込み性能向上他

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

heads-up

FreeBSD 7.2-RC2

stable - 当初のスケジュールから見ると若干遅れているものの,このままスケジュールどおりに作業が進められる見通しです。bce(4)ドライバがlagg(4)では動作しないという点を除いて,メジャーな問題のすべては解決しているのではないかとリリースエンジニアリングチームのKen Smith氏は説明しています。

src

GEOM Mirror(4)

current - current mlにおいてMaxim Sobolev氏がGEOM Mirror(4)の実装を改善し,読み込み,とくにgeom_mirror(4)を使っている場合のシーケンシャルリードの性能を改善するパッチを作成したと報告しています。

Maxim Sobolev氏は最近のHDDが持っている重要なプロパティをgeom_mirror(4)では使っていないところに着目し,読み込みバランシングアルゴリズムの部分を改善したとしています。性能の改善が見られていることから,とくに反対理由がなければしばらく試験したのちにHEADに取り込まれるのではないかと見られます。なお他にも似たような試みがあるため,それらと統合されたのちにコミットとなるかもしれません。

sysctl issue

current - 最近HEADブランチに実施された変更の影響で,sysctl(8)コマンドを実行することでシステム停止や再起動が発生するケースが出ていました。最新のHEADブランチでは習性されています。sysctl(8)コマンドを実行してシステムが停止するようであれば,より新しいHEADブランチへ更新してみてください。

ports

Firefox 3.5 Beta 4

Firefox 3開発版のport(www/firefox3-devel)が更新され,Firefox 3.5 Beta 4対応にアップデートされました。Firefox 3.5 Beta 4ではJavaScript高速化技術であるTraceMonkeyがデフォルトで有効になっています。従来よりもJavaScriptを使ったWebサイトやWebアプリケーションが軽快に動作します。

 Firefox 3.5 Beta 4

図 Firefox 3.5 Beta 4

また,これ以外にもvideo/audioのネイティブサポート開始,ネイティブJSON実装,プライベートモード(Tools→Start Private Browsing)の追加,新しい履歴クリア機能(Tools→Clear Recent History...)などの特徴があります。

バックナンバー

FreeBSD Daily Topics

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入