FreeBSD Daily Topics

2009年12月18日 Thunderbird3,Ports Collectionに追加

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ports

Thunderbird3 on Ports Collection

Ports CollectionにThunderbirdの最新版となるThunderbird3のport(mail/thunderbird3,mail/thunderbird3-i18n)が追加されました。英語以外のデータも検索対象にするにはmail/thunderbird3-i18nも必要です。両方インストールしたほうが良いでしょう。

  • mail/thunderbird3
  • mail/thunderbird3-i18n

Thunderbird3はThunderbird2以来,ひさしぶりのメジャーアップグレードバージョンで,さまざまな改善が実施されています。UIもモダンなものへ変更され,従来のバージョンよりも扱いやすいものになっています。Thunderbird2と比較してパフォーマンスも改善されており,実際に使う感じもサクサクと軽快なものになっています。

図1 Thunderbird3実行例 - 従来と同じように使うだけでも軽快感を体感できる

図1 TThunderbird3実行例 - 従来と同じように使うだけでも軽快感を体感できる

図2 Thunderbird3実行例 - タブでメッセージを同時に開いておける

図2 Thunderbird3実行例 - タブでメッセージを同時に開いておける

図3 Thunderbird3実行例 - アドオンを追加して機能の拡張が可能

図3 Thunderbird3実行例 - アドオンを追加して機能の拡張が可能

図4 Thunderbird3実行例 - テーマ,マウスジェスチャ,データベース管理ツール,Google Contactsとの同期をアドオンで実現

図4 Thunderbird3実行例 - テーマ,マウスジェスチャ,データベース管理ツール,Google Contactsとの同期をアドオンで実現

とくにThunderbird3では全文検索処理まわりの改善の出来が素晴らしく,検索速度がきわめて高速になっています。検索結果もさまざまな視点からチェックすることができる,検索結果のフィルタリングも強力です。従来問題が多かったIMAP4まわりの処理が改善されており,全文検索の高速化やIMAP動作の改善を実現するためだけでも移行する価値があります。

ただし,Thunderbird2と比較すればだいぶよくなっているものの,他のメーラと比較すると,それでもThunderbird3の提供しているIMAP機能はときにおかしな動きをみせることがあり(表示されないフォルダがある,消えないフォルダがある)⁠とくに最初のIMAPとの同期をかける段階で正しく同期されないことがあります。SylpheedやEvolutionなどのメーラも使って確実にデータが同期されているかを確認したほうが良いと言えます。

また,どうしても正しくIMAPサーバとの同期が実現できない場合,IMAPサーバのキャッシュの整合性がとれていない可能性があります。サーバにログインしてキャッシュを削除するか,サーバ管理者に依頼してキャッシュを削除してもらったほうがいいかもしれません(ただしキャッシュを削除することで影響を受けるメーラもあるので,いろいろと確認をとってからのほうがいいでしょう)⁠

コメント

コメントの記入