FreeBSD Daily Topics

2010年5月19日 2010Q1報告(デバイス):HDAサウンドドライバマルチチャンネル再生機能,WebcamdとCuse4BSD

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

2010Q1 FreeBSD Status Reportが公開されました。報告されている中から,とくにデバイスに関する話題を簡単に紹介します。

Multichannel playback in HDA sound driver (snd_hda)

snd_hda(4)オーディオドライバがリアルなマルチチャンネル再生をサポートしたと報告されています。4.0,5.1,7.1アナログスピーカセットアップがサポートされているほか,デジタルマルチチャンネルAC3/DTSパススルーが実装されています。また,試験されていないもののHDMI経由のデジタルマルチチャンネルLPCM出力もサポートされていると説明されています。

webcamd

FreeBSDにおいてLinuxデバイスドライバベースのUSBを扱うためのデーモンWebcamdの現状が報告されています。Webcamdおよびそれに関連する一連のライブラリ,デバイスドライバ,カーネルモジュールはUSBの処理をユーザランドのwebcamdに飛ばす処理をおこなうもので,結果としてwebcamdの提供している数百のLinuxデバイスドライバを利用するという仕組みになっています。webcamdデーモンが依存しているのはlibc,pthreads,libusb,libcuse4bsdです。

今のところWebcamdがターゲットとしているのはUSB WebcamとUSB DVB-T/S/Cでバイスです。同フレームワークを使えば,他のLinuxデバイスドライバもFreeBSDで動作するようにさせることができます。

コメント

コメントの記入