FreeBSD Daily Topics

2010年8月13日 FreeBSD/powerpc64,FreeBSD/sparc64,FreeBSD/avr32移植状況報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

freebsd-sr

2010Q2 FreeBSD Status Reportが公開されました。報告されている中から興味深い話題を簡単に紹介します。

FreeBSD/powerpc64

2010年7月13日の段階でFreeBSD/powerpc64が9-CURRENTにマージされたことが報告されています。FreeBSD/powerpc64は64ビットPowerPCマシンに対応するもので,PowerPC 970/Cell/POWER4-7などを含むBook-S仕様に対応しているとのことです。現在のところApple Xserve G5,Apple Power Macintosh G5,Apple iMac G5に対応しています。今後さらに対応H/Wを増やすとことになるだろうと説明があります。

FreeBSD/sparc64

FreeBSD/sparc64の開発では,Sun Fire B100sサーバブレードにオンボードで搭載されているSun GigaSwift Ethernet 1.0 MMFが動作するようになったと報告があります。そのほか,SPARC64 Vプロセッサをベースにして開発された富士通のPRIMEPOWER 250サポートが追加されています。PRIMEPOWER 450/650/850も動作するだろうと説明がありますが,試験は実施されていないとのことです。また,Fujitsu/Sun SPARC Enterprise Mx000などのSPARC64 VI/VIIプロセッサベースマシンをサポートするビルディングブロックもサポートされることを意味していますが,こちらもまだ試験が必要とのころです。

FreeBSD/avr32

シングルユーザステージまで移植が進められたFreeBSD/avr32ですが,それ以降は開発が進んでいませんでした。今回,Oleksandr Tymoshenko氏がFreeBSD/avr32の開発に取り組み,今のところi386ホストにおけるツールチェーンの修正,ビルドカーネル成功,いくつかの例外を除いてビルドワールドの成功などが報告されています。次の開発課題としてpmapの修正と,シングルユーザステージまで移植状況を引き上げることがあげられています。

コメント

コメントの記入