FreeBSD Daily Topics

2010年10月8日 PC-BSDのパッケージ管理PBI

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

pc-bsd

PBI Command Line Utilities

PC-BSDはPBIと呼ばれるアプリケーションパッケージ管理システムを提供しています。これはPC-BSDを特徴付けるもっとも代表的な機能で,デスクトップ/ワークステーション用途で使うための重要なポイントになっています。

FreeBSDのPorts CollectionやPackagesは基本的に一枚岩のシステムです。あるアプリケーションをインストールしようとした場合,そのアプリケーションと,そのアプリケーションが必要とするほかのアプリケーションやライブラリもインストールします。この場合,たとえばあるライブラリのバージョンが上がった場合,そのライブラリに依存しているアプリケーションやライブラリも同じく更新しなければならなくなります。これを簡単に実施するための管理ツールがportupgrade(1)やportmaster(1)です。

PC-BSDのPBIはこうした問題を解決するための仕組みです。Ports CollectionからPBIパッケージを作成するというところはPackagesと同じですが,自分のみならず依存するライブラリなども含めて単一のパッケージを作成するところが違います。そしてインストール先も/usr/local/にインストールするのではなく,アプリケーションごとに個別のディレクトリにインストールします。このようにPBIのアプリケーションはそれ単体で必要になるものをほとんど含み,ベースシステムや他のアプリケーションインストールの影響を受けにくいという特徴があります。アプリケーションのアップグレードやダウングレードが簡単に実施できるのはPBIのこうした仕組みに理由があります。

PBIの管理はGUIツールを使いますが,現在コマンドラインツールの開発が進んでいることがFirst Look and Call for Testers/Documenters: PBI Command Line Utilities | Official PC-BSD Blogで紹介されています。PC-BSD 9 Handbook - PC-BSD Wikiにマニュアルがまとまっています。FreeBSDにおけるパッケージ管理にはpkg_*系のコマンドを使いますが,これに習って開発されているようです。pbi_add(1), pbi_autobuild(1),pbi_create(1), pbi_delete(1), pbi_icon(1), pbi_info(1), pbi_makepatch(1), pbi_makepatch(1), pbi_makeport(1), pbi_patch(1), pbi_update(1)といったツールになるようです。

コメント

コメントの記入