FreeBSD Daily Topics

2010年11月22日 外部ツールチェーンへの対応進む

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分
External Toolchain Support

current - FreeBSDシステムおよびカーネルのビルドツールとして,システムがデフォルトで設定しているものではなく,それ以外の外部のツールチェーンを使えるようにする取り組みが報告されています。FreeBSDの開発がはじまった当初はサーバや開発/作業用OSとしての需要が大きかったFreeBSDですが,最近では組み込みデバイス向けのOSとしての活用の幅を広げています。こうしたプラットフォームに対応していくうえで外部ツールチェーンの活用が重要になってきています。

今のところFreeBSDがTier1対応しているアーキテクチャはGCCも対応しており,ビルドにあたっては問題ありません。しかし,特定のボードやH/Wでは,ベンダが提供しているツールチェーンを使わなければ性能を発揮できないものがあります。従来のFreeBSDのビルドシステムはGCCを念頭において開発されているため,特定のビルドに特定のツールチェーンを使うといったことがあまり簡単ではありませんでした。

現在進められているLLVM Clangへの入れ替えを通じて,ビルドシステムの整理が実施され,外部のツールチェーンを利用しやすい状況になりつつあります。amd64/i386以外のアーキテクチャに対する対応はこうしたClang対応の整理の結果も活用しながら進められているとのことです。

コメント

コメントの記入