FreeBSD Daily Topics

2010年12月7日 HASTに関する各種改善報告

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2010Q3 FreeBSD Status Reportが公開されました。報告されている中から興味深い話題を紹介します。

HAST (Highly Available Storage) Improvements

高信頼レプリケーションシステムHASTの開発者であるPawel Jakub Dawidek氏が,HASTに実施された各種改善を報告しています。報告されている機能改善点は次のとおりです。

  • 指定したイベント時にコマンドを実行する機能の実装。サポートするイベントはconnect,disconnect,synchronization start,synchronization completed,synchronization interrupted,split-brain condition,role changeなど
  • SIGHUPシグナルを受け取ったら設定を再読込する機能を実装
  • 内部キープアライブメカニズムの実装
  • 多くのバグ修正

ZFS,HAST,GEOMはFreeBSDをエンタープライズクラスのストレージサーバとして活用する場合に要となる機能の1つです。Pawel Jakub Dawidek氏はこうした分野に関する開発に積極的に取り組んでいます。

コメント

コメントの記入