FreeBSD Daily Topics

2010年12月23日 高速ネットワーク向けFreeBSDパケットキャプチャ機能Ringmap

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分
Packet Capturing Stack - ringmap

高速ネットワーク向けに開発されているFreeBSDパケットキャプチャ機能Ringmapの開発状況が報告されています。Ringmapは効率の高いパケットキャプチャ機能の実装を目指すもので,最終的にFreeBSDネットワークドライバとlibpcapに統合することを目指しています。現在の開発状況として次の内容が報告されています。

  • lem(4)ドライバとの統合。Intelネットワークコントローラ8254Xをサポート
  • ixgbe(4)ドライバとの一部統合。10Gbネットワークにおけるキャプチャリングを実現
  • カーネルスペースおよびユーザスペースにおけるBPFを使ったパケットフィルタリングを実現

今後の開発対象として次の項目が挙げられています。

  • ハードウェアタイムスタンプのサポート
  • カーネル内部からディスクへのパケット書き出し
  • マルチキューサポート
  • パケット転送に対してもRingmap機構を適用

Ringmapの開発はGoogle Summer of Code 2010の一環として開始されたもので,EuroBSDCon2010においても発表がありました。

コメント

コメントの記入