FreeBSD Daily Topics

2011年1月25日 ユーザランドDTrace,MySQLとPostgreSQL対応

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2010Q3 FreeBSD Status Reportが公開されました。報告されている中から興味深い話題を紹介します。

Userland DTrace

2010年の夏季,FreeBSD FoundationのサポートのもとでRui Paulo氏がユーザランドDTraceの開発を実施しました。FreeBSDはこれまでDTraceをサポートしていましたが,ユーザランドでの動作はサポートしていませんでした。

今回,Rui Paulo氏によって開発が取り組まれたことで,Solarisで提供されているのと同様にユーザランドでもDTraceの機能が利用できるようになりました。

今のところpidプロバイダとusdtプローブが提供されています。Ports Collectionからインストールできるアプリケーションとしてはmysql-serverとpostgresql-serverのportにDTraceサポートが追加されています。ユーザランドDTraceを活用すると,これまでよりも詳しく,自分の必要とする情報を選別して収集することが可能になり,バグ解析やボトルネック解析,パフォーマンス改善といった取り組みのためのデータを収集しやすくなります。

コメント

コメントの記入