FreeBSD Daily Topics

2011年6月10日 IPv6のみ有効にしたFreeBSDおよびPC-BSDの提供開始,FreeBSD FoundationおよびiXsystems

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

heads-up

IPv6-only Testing Versions of FreeBSD and PC-BSD

FreeBSD FoundationおよびiXsystemsは2011年6月6日(米国時間)⁠IPv6の機能のみを有効にした試験目的のFreeBSDとPC-BSDの配布を開始したことを発表しました。これはWorld IPv6 Dayでの利用を想定して提供されたものです。

FreeBSDはIPv6実装初期の段階からIPv6の実装を搭載したOSです。最近はこの取り組みを加速させるプロジェクトとして,IPv4スタックとIPv6スタックを完全に分離して独立させる作業が進められてきました。実際にFreeBSD Foundationの支援のもとで開発を実施したのはBjoern Zeeb氏です。

IPv6機能はIPv4スタックを拡張する形で開発されました。IPv4が主流という段階では,あくまでもオプション的な位置づけとなるからです。しかし,デュアルスタックの状態ではIPv4とIPv6の問題を切り分けるのが難しく,IPv6スタック開発の妨げとなります。

これを受けてFreeBSDではIPv4とIPv6スタックの完全分離を目指して開発を推進。IPv4を無効にし,IPv6のみを有効にしたカーネルの構築を可能にしました。今回,FreeBSD FoundationおよびiXsystemsから提供されるIPv6オンリーのFreeBSDおよびPC-BSDはこの開発の成果物となります。FreeBSDはサーバにおけるIPv6試験向けに,PC-BSDはデスクトップにおけるIPv6試験向けに利用できます。

コメント

コメントの記入