FreeBSD Daily Topics

2012年4月11日 FreeBSD 10-CURRENT,ここ最近の変更に注意

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

current

Attention: 10-CURRENT

ここ1ヵ月ほど,10-CURRENTに実施された変更でシステムに問題が出ているようです。最近の10-CURRENTにアップデートして何らかの問題が発生しているようであれば,問題が出る前のソースツリーまで差し戻してシステムを再構築してみてください。

問題の切り分けを実施するには,一旦カーネルオプションをすべてデフォルトの状態にして,コンパイラやコンパイルオプションなどをデフォルトの状態にした上でシステムを再構築して,状態を比較する方法が有益です。問題の発生した部分に直接的な原因があるとは限らないのですが,まずはこの方法で問題点の切り分けを実施してみてください。

currentのメーリングリストに報告が出ていますが,特定のアプリケーションが実行できなくなる,カーネルの提供する特定の機能が壊れて利用できなくなる,特定のアプリケーションのビルドができなくなる,処理の途中で一時的に固まるような挙動を見せることがある,などの状態があらわれることがあるようです。

コメント

コメントの記入