FreeBSD Daily Topics

2012年7月26日 PC-BSD 9.1-BETA1スクリーンショット : Linux Jailを使ってみる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

products

PC-BSD 9.1-BETA1 screenshots

PC-BSD 9.1-BETA1はいくつか興味深い機能が追加される予定になっています。BETA1が公開されたこともありますので,先行してそうした機能をチェックしてみようと思います。仮想環境にインストールして試すといったこともすぐにできますので,興味がある方は試してみてください。

ISOイメージをダウンロードして起動すると次のようになります。インストールは手順にしたがって進めます。特に手順で困るところはないと思います。PCに十分なリソースがあるならKDEを,パワーの乏しいマシンの場合にはLXDEなど軽量なウィンドウ環境を選択してインストールします。

画像

インストール後にパーティションの状態を調べると,インストールしたディスクが丸々ZFSで確保されていることがわかります。PC-BSD 9.1以降はディスク全体をZFSで利用するための最も簡単なインストーラということになりそうです。

画像

PC-BSD 9.1で今のところもっとも目を引く機能が,WardenにLinux Jailを作成する機能が追加された点ではないかと思います。これはJailの中身をLinuxディストリビューションとすることで,あたかもJail内部でLinuxが動作するように見せかける機能です。複数のLinuxサーバを提供する必要があったり,特定のLinuxアプリケーションを実行するためにこうした方法が取られることがあります。

画像

WardenはJial環境の構築や起動,停止,モニタリングなどを実施するためのPC-BSD特有のアプリケーションです。Wardenを起動すると作成対象に「Linux Jail」が追加されていることを確認できます。

画像

Linux JailとしてBETA1ではDebianとGentooが選択できるようになっています。Debianの方は実行するのに調整が必要ですが,Gentooは環境を作成してそのまま起動できます。

画像

起動したLinux Jailにログインします。uname -aの実行結果が「Linux localhost 2.6.16 FreeBSD 9.1-BETA1」となっていることを確認できます。Gentooに同梱されているuname(1)がLinuxバイナリ互換機能を通じてFreeBSDカーネルで実行されています。

画像

PC-BSD 9.1はサーバとしても興味深いエディションになりそうです。Wardenはコマンドラインツールとしても用意されており,Xを起動しないサーバエディションをインストールして,Jailの構築や運用をwardenで実施するといったことができます。

コメント

コメントの記入